alovelog

続けられるよう頑張ります。

スキーめっちゃおもろい(二日目)

二日目。
七時、アンヌプリ国際スキー場近くのペンションで起床。
八時前に朝飯。
香港からいらしてた団体さんは七時段階で朝食を採って出て行ったらしい。凄いバイタリティ。
宿には香港からの方以外に二週間近く滞在されてる豪州の方もいらっしゃるそうで、
ニセコって奴は実に世界的観光地であるぜ。

九時にアンヌプリスキー場からバスに乗り、ヒラフへ。

貸しスキーの手続きと着脱も初日でなれたのでへっちゃらだ。

10:30ごろ、準備運動を済ませ、一発目のリフトに乗る。

改めて凄い景色だ。
こうした独立峰(っていうのかな?)を目の前に見る、広大というか巨大なスキー場なんて、
世界的にも珍しいのではと思う。しかも雪、めっちゃパウダーやし。
さらっと降りて、怪しい天気を危惧して早目にゴンドラへ。

ゴンドラで上がったらそこはブリザードだった。
一人ブリザードリザードと変な声で歌うが、
他のパートを知らないので嫁様へのアピールとしては不発。
俺の為に初心者コースを辿るルートをどう取るか真剣に考えてる嫁様の邪魔をする、
実に最低な夫である。ごめんなさい。
結局もう一つリフト乗った先から、メインのゲレンデの脇を走ってる初心者コースを通って下ろう。
という事になり、スウィンギングモンキーというイカした名前のリフトへ。

リザードから更に上がったそこは、殺すレベルのブリザードでした。
聖闘士で言えばホーロドニースメルチ。相手は死ぬ。
というかリフトの段階からかなりおかしくて、顔は痛いわ筋肉強張って喋れなくなるわ、
雪山の本気を見た気がした。俺のお口周りにカリツォー。相手は動けない。

で、初心者コースに向かうのだけど、少しばかり中級者コースを行かねばならない。
しかもコースが狭い。外れると崖。
ターンの間の加速と、次のターンまでの時間が噛み合わず、
つまり自分の圧倒的スキル不足により転びながら降りる。
こんな俺を見てくれる嫁様には感謝してもしきれない。

中級者コースを何とか凌いでロングライドになる初心者コースに向かおうとしたら登り坂。
まさか登り坂があるとは予想しておらず、汗をかきながら何とか登って初心者コースに。

林間くさいコースを長々と、途中何度か登りながら下る。なだらかな斜面は正義だ。

見慣れたメインのゲレンデに合流し、降りたところで丁度昼の時間だった。
昨日同様に昼飯。高いけどやっすいラーメンは最高だ。

午後はリフトを二つ乗り継ぎ、初心者コースを渡って行こうかと思ったが、
ここまで歯応えの無いゲレンデばかりで俺に付き合わせているのも悪いと思い、
頑張って降りるから上級者向けの、だけど広いゲレンデを降りようと進言。

勝算は…俺的にはあった。
最悪斜滑降からターン、斜滑降からターンを繰り返せばなんとかなると。
しかし奴らは格が違った。
角度が急だから、俺の鈍いターンの間にアホ程加速する。
更にゲレンデ全体が波打ってる。(コブエリアは並行してあるのに!)
だから減速もままならない。
そしてターン→加速。転ぶ。
ターン内側のスキーが刺さってかなり酷く転倒し、雪を食べたりした。パウダーやぞ。
(この時に軽度むちうちになる:月曜帰りに医者行った…)
情けない思いをしつつ、何とか初級者コースまで降りた。
この上級者斜面だけで下手したら30分以上使ってる。
上級者斜面上からの眺めは凄まじいの一言で、
もしもっとスキーが上手くなったら、もっと上まで行きたいと思った。
(写真は撮ってないが、眺めの凄さは目に焼き付いてる)

その後上級者斜面の恐怖に比べればほぼ屁といっていい、素敵に楽しい緩斜面を滑る。
嫁様曰く、だいぶシュテムが出来てるとの事。イケてる俺。
リフト一本だけ上がっては降りるのを四本ほどやって、終了。

スキー返却してクラシック。最高にうまい。

また昨日と同じ日帰り風呂で汗を流し、17:00のバスで帰途についた。
バスの中で嫁様とスキーの技術的課題について質問したり感想話したりしてたら何時の間にか寝てた。

お疲れ様でした。


・二日目に出来た事
緩斜面での板を揃えたターン。
リフトの奥側に乗る。
登り坂でのスケーティング。

・残課題
右足踏ん張りでの左ターンが弱い。(速度で増す体重を右足で支えられなくなり、姿勢が崩れ、転ぶ)
細かいリズムでのターン切り返し。(≒減速も含む)
急勾配への対応全般。

・課題を克服する為に
右足の筋力強化。(左右ターンの制動容量を向上)
ターンリズムを早くする。
減量。(制御すべき質量が下がれば必要筋肉量も下がるし操作しやすくなる)
何回も行く。(身体の運用も、一応練り上げる。減量と筋肉強化はよりよいターンの為の両輪)


・総じて
やっぱり北海道は凄い!
ニセコは凄い!
そこにリーチしやすい大都市札幌もやっぱり凄い!
あと、他人と競うんでなく、自分が納得出来る滑走をしたら満足出来るってとこが、
スキーというスポーツについて、本当にストレスがなく、楽しいと思った。
現にこの二日、仕事の事は(Twitterでのネタ以外)全く頭に浮かばなかった。

スキー最高!

以上ッ!

PS
月曜にゴーグルとグローブ買いました。
三月終わりにもっかい必ず行きます!