読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

alovelog

続けられるよう頑張ります。

DEAD OR ALIVEを見た。

先に言っとくけどネタバレっつーか俺が10年以上前に先輩から聞かされたラストシーンに関する会話は書いてあるからその再現性などについて文句言われても知らんので予備知識なしでデッドオアアライブ〜犯罪者〜を見たい人はこれ以上読まない方がいいけど、十中八九読んでから実際に見ても十二分に面白いとは思います。


さて、

スカパーのいろんなチャンネル観れるパックに入ってた頃がありまして、まぁ殆ど見なかったんですけど、やっぱりチャンネルNECOとか入ってる訳ですね。観れるチャンネルに。入ってるっていうか、俺が「なんかあったら観るかな」ぐらいに思ってパックで選択できるチャンネルから選んでたって事なんですけども。
で、まぁ、サッカーもオフシーズンで、モンドtvでも大して面白い番組やってなくて、さりとてディスカバリーchのMAN vs WILD(ベアグリルスのサバイバル)は流石に見飽きたし、ベーリング海の一攫千金は余りにブラック&バカで見てて気分が悪い事が多い。更にはゴールドラッシュなんていうのもやってて、これはアラスカの土地を借りて生活が破綻してる馬鹿が集まって集団生活しながら金の採掘をやるよって話だったんだけどもこれもまたブラック&馬鹿労働で見てて気分が滅入ったものだった。

閑話休題

ともかく、たまにはチャンネルNECOでも見るかなーって見てたのが「ミナミの帝王」とか「修羅がゆく」とかなんですね。で、ミナミの帝王つったらやっぱり竹内力で、そんで山本太郎な訳ですよ。メロリンキューとかマジ衝撃で、ダンス甲子園のファーストシーズンで出てきた今来た加藤と、あとモヒカンの男子が居て、セカンドシーズンからのお笑い担当が山本太郎だった訳ですよ。
記憶しか頼りにしてないから間違っとるかもわからんけど。
だいたいジューダスプリーストの曲でなんかやってたような。メロリンキュー、ストロベリーキュー、千利キュー、おキュー、千代の富士脱キューなど心底素晴らしい動きを見せてくれてまして、まぁ踊りはというとムキムキでオイルヌトヌトの山本太郎を二人の(のち、一人脱退)ヒョロい仲間が支えたり一緒に踊ったりして、最後はポール牧めいた指パッチンしつつ、キュー!ってやって終わるの。ところでLLブラザーズって今から考えたらアレ高校生な訳ないよね。いや、知らんけど。ともあれあの辺の、ホントに体をかっこよく動かす意味でのダンス甲子園初期(れいかんやまかんとんちんかんとか、千手観音みたいな、みんなして手を動かすの奴がかっこいいのもあった)は良かったのだけど、3期かな?インペリアルっていうヘッドスピンとかが決め技のブレイクダンスの中でもとにかくグルグル回るのが覇権を握るようになってからホント正直興醒めでしたね。まぁかっこいいんだけどさー、回るの凄いから一位とか、それ体操じゃん。実際体操は凄いけど。とか思ってました。

閑話休題

ええと、山本太郎ミナミの帝王竹内力のアシスタントというか舎弟をやってる訳ですけど、服がね、意味がわからないんですよ。アシスタントだからお金無いはずなのにすげぇ変な服きてるの。なんか素肌にアミアミの乳首もなんだったら透けろ!みたいな奴とか。それでチンピラ感溢れる煽りワードで債権者を追い詰めるんですよ。そこがとてもよくて。是非一度見て見て頂きたい。バトルロワイアルの、民家の米を適当に取って臭いかいで「よっしゃ食えるな」とかいうのも良かった。バトルロワイアルの映画はあそこで桐山に襲われるところがベストバウトですよね。

えーと、とにかくだ。
チャンネルNECOで、Vシネを楽しむようになり、Vシネと言えば竹内力となんと言っても哀川翔な訳です。
そういや学生の時に同じ寮の先輩がすげぇ興奮した感じで話してたんですね。
「三郎、デッドオアアライブってのがあってな、哀川翔が刑事で、竹内力がマフィアなんだよ。で、当然色々殺しあって、最終的には哀川翔vs竹内力になるわけだ」
「まぁ、そうですよねぇ。ていうかラストバトルまでの過程とか端折り過ぎでしょ」
「そんなもんどうでもいいんだよ。とにかくな、車で二人がガーッと走ってくんだよ。一本道を。で、よけ合う訳。して、降りたら竹内力の子分がな、哀川翔の乗ってる車に手榴弾咥えてダイブするんだよ!んで車ごと爆発するの」
竹内力の勝ちじゃないすか。だって哀川翔基本刑事ですよね?」
「まぁ車は死ぬほど爆発で飛び上がって、すげぇ高いところから落ちるんだよ。で、手榴弾の奴の腕とかちぎれ落ちてて、それ見た子分2が嘆いてるところを車から這い出た哀川翔が撃ち殺す訳よ」
「生きてんすか」
「おう。ただメチャメチャボロボロだよ。だってそのあと哀川翔自分の腕引き千切るからな」
「え!?ちょっと何言ってんすか?」
「だから、ボロボロなだけの腕だから、引き千切るんだよ!でな」
「ちょっ、ちょ、おかしいでしょ、でなじゃなくて、腕って引き千切らないでしょ?」
「そんなもん哀川翔が引き千切るんだから仕方ねぇだろ。で、竹内力とサシで正面から拳銃打ち合う訳よ。無論外すわけないから全弾命中な」
「だから」
「黙れよ。とにかくそうして拳銃打ち切って二人とも倒れそうになるんだけど、堪えるんだよ。立て膝ついて」
「はい」
「んで哀川翔が、背中からロケットランチャー出すんだよ!構えて、照準器とか出てきて、シャコってさ。したら竹内力がな、苦しんで苦しんで腹から氣の塊を出してだな」
「ちょっとホントに何言ってんすか?哀川翔のランチャーもおかしいけど竹内力何やってんすか」
「うるせぇな。で、竹内力がその元気玉みたいな奴をうおおおおお!つって哀川翔に投げつけて、哀川翔も焦ってロケラン撃つじゃん?そしたらそれが激突して、地球のおそらくその竹内力哀川翔が激突してしてる場所から物凄い宇宙レベルの爆発がクアアアアアアアアつって拡がって地球が大半その爆発に覆われたところで哀川翔×竹内力つってスタッフロールになるんだよ!凄ぇだろ」
「…はぁ」

って言われたの思い出してTSUTAYAで借りてきたらホントに先輩の言ってた通りで嫁様共々口あんぐりしてそのあと笑い転げた。凄く面白いので皆様も借りてみて下さい。

以上ッ!!!

written by iHatenaSync