読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

alovelog

続けられるよう頑張ります。

エスポラーダ北海道を見てきたぞ

エスポラーダ北海道デウソン神戸戦を見に北海きたえーるに行ってきた。すげー面白かった!楽しかったです。

仕事というのはえてして金曜日にはMAX惰性モードに入っているものであり、そうじゃない人の事は俺がそっち側の人間ではないので良くわからんのであるが、ともかく昼飯食った辺りで我が最愛の嫁様よりメールがあり「今日の帰りにエスポラーダ見にいかんか?」との事。
最初はお金の事とか気にしたのであるが、まぁ週末飲みに行ったと思えばまぁいいかって事で行こうじゃないのって事でお返事。
会社からきたえーるは南郷通〜環状通〜36号線と巡り大体40分程度。きたえーる裏のコインパーキングに車を停めてでっかい体育館に向かったのであった。嫁様に送ったメールは
「入り口で待ってる」

待てども嫁様は来てなかったと思ったら、果たして裏口であった。

嫁様と合流し、チケットを買う。当日券だと2500円。
あとで伺ったが前日だともっと安いし、シーズンチケットは10000円だそうで、これも安い。日本サッカー協会の後援会みたいな奴のフリーパスだと、Fリーグ全試合パスで15000円らしくてこれは完全にキチガイというか、収益とかどうなってんだよと思ってしまうがまぁ凄い。いや、北海道におっても流石に使いどころがないけどねw

でまぁ、会場に入る。ロビーではセパタクロー協会の方が色々イベントされてたり、美味しそうな匂いをこれでもかと放つコンサドーレでもお馴染みのポップコーン屋さんが出てたり大変楽しそうである。

体育館に入ると思ったより全然デカイ体育館でビビった。

両ゴール裏というか、応援席?なんていうんだろう。bjリーグの中継だとブースターとか言うよね。ともあれ応援席があり、いい感じだ!

エスポラーダ北海道応援席 ※試合後です)
(応援ではソーラン節のコールがあったり、独特のリズムがあったり、すげぇ工夫というか、なんかこう、グッとくるものがありました。素敵やで!)

デウソン神戸の応援席。アウェーでの一人太鼓というのはやはり男の中の男)

試合が開始され、頗るうめー!としか思えない攻防が続き、なんか点差が開いたりはしたけど、ちょいちょいでる素敵プレーに俺などはおおー!とかすっげぇ!とかはしゃぎまくりであった。先月のコンサドーレ札幌ハーフタイムパーティーのあとUSフットサルを見に行ったら当然出ますよね的な流れになり、全く予想もせず、高校の体育でやっていらいの球技となったカムバック選手三郎は2日後の血液検査で医者が心配するレベルの筋肉破壊数値を叩き出す羽目になるような俺なので、プロがやるプレーなんか全部すげーって思うわけですよホントすげー。

前半終わったら北海道セパタクロー協会の方がデモンストレーション。

回転しながら蹴って、蹴り足で着地とか凄過ぎる。
9月8日、9月9日に北広島の体育館で北海道最強セパタクラーを決める大会があるそうだ!要チェックやで!

で、後半。
所謂パワープレイ、パワープレイ返し、パワープレイで差を詰めるなどあり、
結果的にはエスポラーダ北海道4ー6デウソン神戸でした。

試合については素人ながらもデウソン神戸のフェアに身体を入れる守備とかが効果的かなーと思った。テクニック面ではエスポラーダも見せ場十分だったと思う。まぁ初めて見て面食らってる素人のアレなのでアテにはならんだろうけどもw

で、試合後はロビーで思わず買い物。いや、エスポラーダのユニフォームがカッコいいしかわいいんだって。流石にユニフォームは手が出なかったので、Tシャツ買った。俺のサイズなかったからマフラーも。これ、どっちも可愛い色合いだから困る。すげーいいぜ。

あとロビーでやってたセパタクローイベントなど見て、帰宅。

Tシャツとマフラー、ええやろ!

今度も機会見つけて行こうと思いました。ホント面白い。狭いところでスピーディに技術とクイックネスを見せつけ合うというのは所謂バスケに似てるってのが納得いったり、でも別物でもあったり。ゴレイロかっけーとか、思うところはたくさんありました。

いやはや、ホント、色んなスポーツがちょっと足伸ばすだけで見れて、札幌ってすげぇって改めて感じました。エスポラーダも見に行きたいし、冬はレバンガも見に行きたいぜ!遠いけど釧路とか苫小牧のホッケーもね。(ああ、札幌ポラリス・・・)


尚、今日の個人的MIPはデウソン神戸の16番です。受賞理由は外見です。マジヴェルディ
(髪型が小針、ちょび髭が冨澤、ユニフォームが昔のヴェルディという事で完全にヴェルディ



以上!

written by iHatenaSync