読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

alovelog

続けられるよう頑張ります。

矢野通が面白い

北海道に来てから久々に新日本プロレスの中継を録画し始めた。

東京にいた頃は千葉テレビテレビ埼玉テレビ神奈川、東京MXとU局の数が穏やかではなく、プロレスを見なくても退屈しないものだから、2chのプロレス板で懐かしい話題があれば話したり、何ならTwitterで思い出話する程度の関わりしかしなくなっていたのだ。
あんまり情報をおっかけなくなってから10年程が経ってしまった。
2000年代半ばの新日の動きは正直よく知らない。
せいぜいユークスがオーナーになってからか知らんけどすげぇ失速して、円天ばら撒いて客集めたり、2chの集客スレではどれだけガラガラかを悲惨に報告し合うような状況だったとか、そういうのを伝聞で聞いているだけだ。あと、女に刺されて死にかけた棚橋がエースになってたということぐらい。

でまぁ、北海道に来てから録画を始めたら見る事になったのが、ブシロード新日本プロレスのオーナーになった次の正月のドーム興行だった。

そこでオカダカズチカという背の高い若い選手がちょっと微妙に迫力の無い技で凱旋帰国しましたよという、なんかそういうの。
で、そのオカダカズチカ推しになるのは何となく解った。底を見せないキャラで、オカダはインタビューにも「特に、ありません」としか答えない。代わりといってはなんだけど、つけ麺屋の主人みたいなバンダナの巻き方した外道が「るっせぇんだお前らこの野郎、こいつはぁな、モノが違うんだよ。金の雨が降るぜ…」っていうのを定型化してた。
新日がWWEというかアメプロを参考にしてるのは結構前からそうなのだけど、そのやり方に自分の感覚をアジャストするのは結構骨だった。だって自分が見てた頃は試合の後なんか言うのってタイトルマッチの後とか、とにかくターニングポイントになるような試合の時しかなかったから。

で、まぁ、その事にも慣れてきた。

オカダは実際中継での盛り上がりもかなり増してきたし、バックとって振り向かせてネックブリーカードロップというレインメーカー(技名)は、バックとって振り向かせてショートレンジラリアットに変貌を遂げ、相変わらずちょっとわかり辛いメキシカン風味な「相手の両手を足で挟んで自分の交差させた手で相手の首を掴む」技などは使うが、その類稀な跳躍力と上背と空中姿勢の抜群な良さを200%活かした「その場で飛ぶドロップキック」だけでそれこそ「こいつはなぁ、モノが違うんだよ」っていうのはマジで納得するようになった。凄いぞオカダカズチカ!

話が長くなった。

ともかく今の新日本プロレスというのは、

棚橋、内藤、後藤とかの本隊(ベビーフェイス
テンコジ(本体みたいなものか
真壁のG•B•H(どっちだろ?一応ヒール?→本隊と行動を共にするようだ。本間選手が抜けて真壁選手だけだとか。

中邑、オカダ、邪道、外道、飯塚、本項で紹介したかった矢野通とかのCHAOS(ヒール

ちょっと枠外で永田、他の青義軍(ベビーフェイス?
青義軍と対立する鈴木みのる率いる鈴木軍(第三極


って感じで、あとキャプテンニュージャパン(キャプテンニュージャパン)としか言えない存在もいるけど、まぁともかくそんな感じだ。正直ヒールがすごく元気。

で、そのヒールの中でも異彩を放つのが矢野通だなーって、こないだ北海道でやってた新日本プロレスの放送での「G1クライマックス 鈴木みのるvs矢野通」を見て思った次第です。


矢野通の素晴らしさ

1.色が白い。外見が目立つ。
とにかく色が白くて肌が綺麗。金髪の坊主で、チョップとか受けると胸が真っ赤になる。
色の白さと、少し緩く見せてガッチリしてる感じはさながらイゴールボブチャンチン

2.確かな技術
アマレス実績に裏打ちされた、瞬時に相手の懐に入る時のスマートさ、速さ。
UWF系でならした鈴木みのると対峙して試合をしても全く遜色がない。
ヒールで反則をしまくる選手なのだけど、溢れるパワーによるハイジャックパワーボム(鬼殺し)とか、ちゃんとした決め技もある。

3.何をやっても許される反則キャラ
CHAOSの中でも外道(多分外道より外道)キャラなものだから、
相手に反則をさせて王座防衛をし、それをマイクアピールして相手を煽る。
という事も平気でやる。それが客に半ば受け入れられている。
それが、普通の負けであっても。

4.その上で主な決め技はクイック(素早い押さえ込み)
これが矢野通を予測不可能な、興行における伏せ札、決め札足らしめる要素。
基本的な流れとしては
「相手をレフェリーにぶつけようとして、レフェリーが驚いて、
相手がレフェリーに弁解してるところで金的を攻撃。
しかるのちすかさずスモールパッケージホールドや裏霞などの
クイック技で3カウントを奪う」
というもの。既に芸術。

「誰と試合をしても(どんな格の相手と試合をしても)反則を駆使して場内を相手の色に染める事が出来、マット上では相手のレスリングに合わせる事が出来、散々やられた後でレフェリーを巻き込んだクイックの流れに持って行き、決め技でもクイック返しでも負けられるし、また、クイックで勝つことも出来る。
クイックで勝利をした場合、押さえ込んだ相手の格は下がらないし、自分はヒールとして憎い卑怯なあの野郎キャラが益々磨かれる。でも前述の通り負けてもいい」

こんな便利な選手なかなかおらんぞ。

と、性格の悪い男鈴木みのるとの対戦で、しっかり相手のレスリングや、反則返しを受けきった上で、金的→クイック→返される→相手のスリーパーで落ちかける→相手が決め技に移行しようとした瞬間にクイックで3カウント→場内大沸騰→とんでもない憎たらしい顔で退場!というのを見て思いました。


みんなも注目してみよう矢野通
デビュー10周年記念DVD「Y•T•R トールトゥギャザー」が発売になるからチェックしろよな!
(何故か邪道外道と三人であらかわ遊園に行ったりするらしい。必見やで)


以上

written by iHatenaSync

矢野通デビュー10周年記念DVD Y・T・R! V・T・R! ~トール トゥギャザー~

矢野通デビュー10周年記念DVD Y・T・R! V・T・R! ~トール トゥギャザー~