alovelog

続けられるよう頑張ります。

俺の行ったスタジアム6 群馬県立敷島公園県営陸上競技場(と、サッカーラグビー場)

群馬県立敷島公園県営陸上競技場正田醤油スタジアム群馬

●概要
ザスパ草津(2013年からザスパクサツ群馬)のホームスタジアム。チーム黎明期は草津の温泉とかがあるような山奥にポツリとサッカー場?があって仮設スタンドの使用料を払わないとかなんか色々あったけど、そんなロマン溢れるスタジアムをJリーグが許すわけもなく、平地の町中にある運動公園を使いやがれと言われて使ってる陸上スタジアム。
基本的にアウェイ側の運営がクソ(人が、というより、クラブと運営の意思統一がされてないのと、何より札幌のアウェイ観戦者の動員数を舐めてる席割りをされる事が多い)

●ビジュアル
両ゴール裏が芝生席(岡山のようにカチ上げでなく、グラウンドと同じ高さに緩斜面)であり、大変趣深い。2006年か2007年ぐらいに改修が完成したバックスタンドは個別席では無いもののスタンド角度が急で、そこに人が埋まると結構威圧感がある。悪くない。
芝生席の背中側というのか、そこが何故か板張りの壁というのもポイントが高い。家かw

●アクセス
札幌サポーターであれば、関東後援会主催のバスツアーが一番ラク。
上野から高崎まで快速に乗って、そこから両毛線で前橋に。そこからバス。
というルートも一度やったけど、帰りもクソめんどうだし
費用も18切符持ってるとかじゃなきゃ結構かかるし、全くオススメ出来ない。
総じて酷いアクセスではある。

●食事
アウェイ側しか経験しておらず、敷島公園全体が川っぺりで蚊が多い為
余り出歩いては居ないので屋台で売ってる系の暖かいスタジアムグルメというのは知らない。
まぁバックスタンド裏の売店で「とりめし」買って食べながらビール飲んでるのが一番いい。
(とりめしの旨さはガチ)

●持ち込みについて
ほぼスルー

●応援席からの視点
芝生席から→サッカー的に何やってるかはガチで全く解らない。ネットが揺れるまでヒヤヒヤ。
バックスタンド→基本陸上スタジアムなので最前列とかは見えづらい。高くなれば結構見やすいかも。
芝生席での応援の醍醐味は当然決まった後のパラグアイなのであるが、
2009年の夏に土砂降りの中圧勝した時はローションスライディング的なムーブも散見され、
大変楽しいものでした。芝生最高。
(その狼藉が祟ったのか、2011年の草津戦では「楽器を使うならバックスタンド行け。バックスタンドは来場してるアウェイサポーターを全員収容出来る程は開放してないけどな。芝生に居るなら鳴り物禁止。解ったな!?」という無茶な要求をされ、苦肉の策として、楽器部隊はバックスタンド、応援する人達は芝生のバックスタンド寄りというとても珍奇な状況に。距離が20メートルぐらいは離れてるので音のズレが発生し、大変カオスな応援となった。※尚、試合はロスタイムに逆転負けを喫した模様)

●コメント
「J2、アウェイ、関東奥地」を感じられるいい雰囲気のスタジアムです。
試合は見辛いので、その辺期待するならメインスタンドの真ん中上だと思います。

●東京からの旅費
関東後援会のバスツアーだと2011年11月の実績が一人往復4400円。
18きっぷだと1日2000円ちょっと+前橋からのバス(あんまり覚えてないけど300円くらいか?)
まともにJRで行くと片道1890円だそうなので、バス含めて往復4400円ぐらいか。
荷物運搬の楽さとか、道中の楽しさとか含めて、やっぱバスツアーが最強だと思います。

●評価(5点満点)
アクセス 2
雰囲気 4 (the J2を味わえる素敵スタジアムです。夜のゲームオススメ)
グルメ 3 (とりめしはのんびりしてると売り切れる場合もあり)
応援席 2
アウェイに対する運営 -666

##############################################################

群馬県立敷島公園サッカーラグビー場

●概要
ザスパ草津(2013年からザスパクサツ群馬)のホームスタジアム。
隣接する敷島陸上競技場(というかこっちが親スタジアム)の座席改修が終わるまでの間、
暫定的にザスパ草津Jリーグ興行を開催していたスタジアム。
座席数とか色々あるので多分滅多なことで開催される事はないという意味において、
岐阜にとっての長良川メドウ並にレアなスタジアムであると思う。

※2005年にJリーグに参入したザスパ草津にとって、Jリーグ初得点が生まれた場所。

ザスパの初ゴールの相手はJoJoではないッ! この俺ッ! 札幌様だァーーッ!!」
「涙ふけよ」

●ビジュアル
メインスタンドのみ座席、両ゴール裏バックスタンドがまっ平らな芝生というハードコアな作り。
サッカーラグビー場だけあってゴール裏からゴールまでも結構距離がある。

●アクセス
敷島公園県営陸上競技場と同じ。

●食事
この頃(2005年初頭)はスタジアムグルメとか特に意識されてなかったように思う。

●持ち込みについて
ほぼスルーというか、多分チェックされてない。

●応援席からの視点
高さゼロ、傾斜ゼロなのでクソの一言。
ビッグフラッグを出すのに前の人がしゃがみ、後ろが背伸びするという
試合前のフェアプレーフラッグの掲示みたいな事やってたのは良い思い出。
砂川さんのオーバーヘッドを目の前で見れたのは幸運だった。

●コメント
稀に開催されるレアスタジアムの一つ。
尚、私個人はここでの開催の前にとあるお方と揉め、この試合(2005/3/19)の前日に
詫びの姿勢を表現するために人生初スキンヘッドを敢行した。
その床屋さんは河本理髪店さん(六本木のアークヒルズとかから六本木通り側に分岐したところ)

理容師歴数十年のご婦人に眉まで剃らせ、
「私こんなことするの初めて…」と言わしめたのは男子の本懐と言えよう。
ちなみに床屋さんでスキンヘッドやってもらうと、どうしても剃るのに時間(≒工数)かかるので
坊主にするより1000円かちょっと高くなるよ!


●東京からの旅費
敷島公園県営陸上競技場と同じ。

●評価(5点満点)
アクセス 2
雰囲気 3 (レアではあるが、金とっていいレベルではないw)
グルメ 0 (食べてない)
応援席 1
レア度 5 (多分二度と開催されない)


以上