読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

alovelog

続けられるよう頑張ります。

レコンビン「ねぇ、秒速5センチメートルって知ってる?」 完

札幌

秒速5センチメートル




今、50億ドン支払えば、きっとあの人も振り返ると、強く感じた。





「2015年までいればいいのに(札幌に)」
「でも、いろいろ事情もあるから」
「そうだな。ゲアンにもうまい事言ってやれよ。」
「うん」
「何かあったら、電話するのよ、コンビン」
「大丈夫よ。来月にキックオフイベントで会うんだから。
 そんなに心配しないで。寒いから、もう戻りなよ。」


―ゆうべ、札幌の夢を見た。私も彼もまだ子どもだった。きっと昨日はずしたFKのせいだ。





「小野さん、基本合意いいかな?」
「はい」


 ただ交渉をしているだけで、報道がすごくメディアに積もる。
 たまにぶっ込む日刊にも、内通者が疑われる報知にも、大本営の道新にも。


「札幌のことは今でも好きです」
 半年間付き合ったソンラム・ゲアン側は、そうメールに書いていた。
「でも、私たちはきっと千回も条件をやり取りして、
 たぶん完全合意には一センチくらいしか近づけませんでした」と。


 この2ヶ月間、とにかくコンビン残留に進みたくて、ベトナムの英雄に手を触れたくて、
 それが具体的に何を指すのか、ほとんど(周囲のスポンサー絡みで)脅迫的とも言えるような
 その必要性がどこから湧いてくるのかも分からずに、
 僕はただ交渉を続け、気づけば、日々弾力を失っていくゲアン会長の態度が、ひたすら辛かった。
 そして、ある朝(※1月4日)、かつて、あれほどまでに真剣で切実だった
 コンビンの札幌への思いがきれいに失われていることに、僕は気づき、
 もう限界だとわかった時、交渉を辞めた。



昨日、夢を見た、

ずっと昔の夢。

その夢の中では僕たちはまだプレーオフ圏外で、

そこは5人程度の壁に覆われたペナルティアーク付近で、

敵のサポーターはずっと遠くに疎らに見えるだけで、

降り積もる報道には、私たちが歩いてきた足跡しかなかった。

そうやって、

いつかまた一緒に札幌でやることができると、

私も、彼も、何の迷いもなく、

そう思っていた。


…こんな話があったとかなかったとか(ねぇよ)

桜花抄1 http://d.hatena.ne.jp/alovesun/20140107/1389106630
桜花抄2 http://d.hatena.ne.jp/alovesun/20140107/1389109183
桜花抄3 http://d.hatena.ne.jp/alovesun/20140107/1389109838
秒速5センチメートル http://d.hatena.ne.jp/alovesun/20140107/1389141275 ←イマココ