alovelog

続けられるよう頑張ります。

浦河ピスカリマラソンへの道2(完結)〜alovesun、ハーフマラソンをナメていたでござる。の巻〜

【うらすじ】

北海道マラソンを最後の2キロ泣きながら歩いてギリギリ5時間未満で完走したalovesunは年内にもう一大会を目論んで浦河ピスカリマラソンにエントリーしたが大して練習も出来ず、北海道マラソンから10km、5km、21.1km、5kmの四回走っただけで本番の日を迎えたのであった……
 
【本文】
走りきったッ!ピスカリマラソン、完ッ!!!!
 
などとカッコよく申しておりますが、結果は目標2h15mのところ2h13m54sでした。まぁそれはよい。
しかしペースは酷い有様でした。
失敗の要因ですが、純粋な練習不足、ハーフマラソンのペース感がわからず序盤意図せずして飛ばし過ぎた事、補給や食事的準備も蔑ろだった事、それらから前半飛ばし過ぎで身体がガス欠になった事、つまりは「ハーフマラソンナメてた」って事に落ち着くと思います。
 
さてピスカリマラソンのコースはと言いますと、浦河優駿ビレッジ「AERU」からJRA日高育成牧場の施設まで5kmを折り返して2往復だったのでございます。まぁそれはいいんですが、事前に提示されてたpdfのコース案内図が途中省略半端なく、なかなかグロめの区間が短く描かれてて、走ってて「アレっ!?ここの区間長くない!?」と思うなど、覚悟も足りない状況でした。(しかもずっとダラダラ登る区間w)
 
※種目が全部馬の名前なのです。
シンザンコース 2.5km
ミホシンザンコース 5km
ロングエースコース 10km
テイエムオペラオーコース 5km、10km(車椅子)
メジロマックイーンコース 21.0975km
 
さて施設周辺には雪虫(アブラムシのなんかアレした飛ぶやつ。晩秋の北海道に大発生するのでとてもウザい。尚、晩秋のって言ったけど本州以南は秋の最中だしなんなら暑かったりもすると思う)が飛び交ってて、これは食う事になるなと覚悟を決めましたが、道中は多分5匹ぐらいしか食べてないと思います。
 
ハーフマラソンは周りのペースが早い。という基本を知らず、なんとなくキロ6分で入ってしまった上、暫くキロ5分30秒程度でキープしたのが最大の敗因でした。調子に乗ってました。すみませんでした。あと、前日仕事で日付変わったぐらいに寝て、4時に起きて、浦河に車走らせて、それからハーフマラソンして、施設の風呂入って(参加賞)、また札幌に取って返して、翌日また仕事ってのはキツかったです。
 
楽しい(?)写真は以下ッ!
f:id:alovesun:20151019202405j:image
これがアエルだ!「アエル 温泉」でググるなよ!絶対だぞ!
f:id:alovesun:20151019202454j:image
浦河から山脈がよく見えます。
f:id:alovesun:20151019202528j:image
このコース図、本当は右にもっと張り出さないとおかしいですw
f:id:alovesun:20151019202607j:image
曲がり角の馬場はもっとデカイし、折り返し点は私の顔か、左手辺りです。
f:id:alovesun:20151019202707j:image
ウォームアップがてら施設周辺をおさんぽ。紅葉すなぁ。
f:id:alovesun:20151019202800j:image
開会式
f:id:alovesun:20151019202834j:image
さぁスタートだ!
(このあと滅茶苦茶両脚攣った)
f:id:alovesun:20151019202912j:image
半泣きになりなが19km地点で一枚ぐらいはと馬撮ったけど写ってるかどうかは知らん
f:id:alovesun:20151019202949j:image
ゴール目前
f:id:alovesun:20151019203009j:image
ゴールして配給の豚汁を頂くがホントに辛い。(豚汁はマジでありがたかった!)
f:id:alovesun:20151019203113j:image
温せ……お風呂に入り、ガチ度の高い(≒水温が低い)水風呂でケアして、死にかけの状態で帰る。
f:id:alovesun:20151019203227j:image
途中三石で札幌の敗戦を知る。
f:id:alovesun:20151019203252j:image
シャケの切り身にソーセージゲットだぜ!
参加費もお値打ち(確か3000円とかそんなん)で、日頃入れないJRA日高育成牧場敷地にも入れて、風呂にも入れる(繰り返すが水風呂のガチ度が高いので効果が凄い!)最高の浦河ピスカリマラソンでした。
みんなも走ろう!メジロマックイーンコース!
 
以上ッッッ!!!