読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

alovelog

続けられるよう頑張ります。

【道マラへの道:讐】インパール洞爺湖マラソン2017、リベンジなる

f:id:alovesun:20170522161327j:image

やったぜ!*1*2

 

alovesun.hatenablog.com

 (去年の負け記事)

 

そんな訳で「昨年の洞爺湖マラソン、最終関門(37.5km14:30)を目の前で閉門されてDNF」のリベンジを果たす事が出来ました。タイム?そんなもん削りたい奴にやらせとけ!こっちゃあ完走するだけで必死なんや!

結果は号砲から5時間29分ジャスト。制限時間ギリギリのギリギリで本当にギリギリでございました。

 

今回は走る2日前に「心拍計付きGPSウォッチ」であるところの「GARMIN ForeAthlete35J」を購入してまして、心拍数が上がり過ぎない(心拍ゾーン5になるべく入れない)事を主眼に、タイムは度外視で挑みました。で、これはなかなか良いなと。安心するなと。あとはこれまで心拍トレーニング出来ていなかった事を痛感しました。

私が買った奴はコレ。色は4つあるので好きな奴にしたらよいと思います。黒が何故か他の色である白、ライトグリーン、ライトブルーと比べて妙に安い!これは謎ですね。

装着感については、ベルトが思いの外柔らかくて、着けてることが一切気にならないのに驚きました。腕時計苦手派の私でも平気です。

 

他に安い心拍計付きGPSウォッチだとポラールのがありますですね。とにかく安い。良いかどうかはわかんないけど。

この価格差でメタクソ心揺れましたが、デザイン的なところでガーミンにしました。私はタッチパネル要らないので、心拍計つき最廉価モデルの35Jとしております。電池の持ちも初心ランナーほど必要ですから、GARMINのForeAthlete35Jはかなり心強い選択肢だと思います。

 

GARMINはどういう風なデータが管理されるか?

腕時計側で取得したデータはBluetoothiPhoneとかスマートフォンに同期します。パソコンに充電用USBクリップ経由で入れる方法もあるけど、まぁそっちのがめんどくささはありますね。

で、腕時計→スマートフォン→ガーミンコネクト(インターネット上のアクティビティ管理サービス*3 )という流れでデータが向かい、管理される事となります。

f:id:alovesun:20170522165946j:image

管理アプリガのランニングサマリー。

f:id:alovesun:20170522170015j:image

走行中のペースと心拍数を重ねたもの。心拍数が坂のセクションから乱高下ですね。歩くようになったし。

f:id:alovesun:20170522170051j:image

コース高低差と心拍数の重ね合わせ。真ん中の山(財田のセクション)の高低差エグいw 高い機種だと取れるデータも増えてるようですが、値段も張るので私の選択肢からは外れました…

 

レース中、最大心拍数の90%を超えるほど*4上がり過ぎたら「いかんぞ。これはいかんぞ」と意識してペースを緩め、改めて心拍数を見る。などの管理をしてみました。心拍数で管理すると「ペース」に過敏にならずに済むので精神的に楽だったかも知れません。*5

あとはまぁ、純粋に「現在時刻がiPhoneタップしなくてもわかる」のが走行管理の上で気楽でした。当たり前ですが、iPhoneだけって人は案外「時間*6」を気にしてやきもきするところあるんでないかなって思います。思うっていうか、僕はそうでした。そして疲弊しきると簡単な計算*7が怪しくなって考えられなくなってしまう。これもまた辛い。ここから解放されたのも心の余裕には繋がった気がします。

とまぁ、初めて心拍計付きGPSウォッチを使ってみて、心拍計付きははなかなか良いものだと思いました。今まで「ある程度のペース出して維持するのは出来てるし、大した事ない」と考えていたものは「筋肉」の話で、「心肺系循環系」はあんまり鍛えられてなかったんちゃうかなと、走り出してしばらく経っての心拍上止まりで思った次第です。

今後心拍トレーニングやるぞ!

 

GPSウォッチ考えてる方は心拍計付きを考えてみてはいかがでしょうか?(腕時計型、楽ですわ)

 

では、当日の写真だオラッ!

f:id:alovesun:20170522161820j:image

洞爺湖マラソンの朝は(当日入りの僕には)早い。これは先日完成したポロモイスタジアムというコンサドーレ洞爺湖町でアレしたサッカー場。帰りに車から見たら試合してましたね。出でよ洞爺湖畔Jリーガー!*8

f:id:alovesun:20170522162025j:image

荷物を預けるなどするところ。今年もお世話になります。

f:id:alovesun:20170522162053j:image

一年ぶりだねぇ(何者かはイマイチ分かっていない)

f:id:alovesun:20170522162229j:image

着替えて湖畔に降りたらもう始まっていてビビったが、2kmの模様。脅かすなよ…

f:id:alovesun:20170522162308j:image

今年も準備は今2つというか、全然足りてないけど頑張るぞ。去年よりは遠景がモヤモヤでしたね。

f:id:alovesun:20170522162415j:image

スタート地点で金富士酒場の皆様と。去年は最終関門のバスでご一緒する事になった方もいらっしゃいまして、改めて無事の帰還を誓う次第!

f:id:alovesun:20170522162525j:image

なんかね、暑かったんですよ。日差しが。(それが数時間後の悲劇を生む…)

 f:id:alovesun:20170522162622j:image

スタートしてます。走路監視員と桜。ソメイヨシノは終わりましたが、エゾヤマザクラとか八重桜なんかはまだまだ元気で、ソメイヨシノ一強でない北海道が僕は好きです。葉桜最高。

f:id:alovesun:20170522162743j:image

走ってるとたまに見える看板。知ってた。

f:id:alovesun:20170522162834j:image

見ての通りメタクソ日差しが強い。

f:id:alovesun:20170522162902j:image

こうした日陰を貪欲に利用していくスタイル(弱いランナーほど大事です)

f:id:alovesun:20170522162949j:image

中間地点(21.1km)を過ぎ、一旦湖畔から財田(たからだ)の坂道往復に逸れる。ここが1番辛い。何せ往きは3kmの登りで、復路は3kmの下り。しかもこの間6km一切の日陰無し。ランナーの体力をこれでもかと削る上、暑さからかこのセクション前の補給では水のカップが無く補給を受けられない事態も発生していた。*9

f:id:alovesun:20170522163231j:image

湖畔ステージに戻り、自衛隊給水車。かっちょいい!日陰も復活しますが、ここからは純粋に体力と気力の問題で走れなくなりました。

f:id:alovesun:20170522163444j:image

「お水…」「もうなくなってしまって…」「あ!あ!この先2.5kmでありますよ!」「あ、はい……(絶望)」

機能が無くなった以上はとっとと片付ける。合理的な判断で良いと思いますが、あの、とにかくお水ください……w

f:id:alovesun:20170522163535j:image

どうにかして昨年打ち切られた最終関門に時間1分前に到達!これで完走はできる!やったぜ!

f:id:alovesun:20170522163654j:image

なんとか定義時間内で完走。補給を断たれるインパール洞爺湖マラソン2017でリベンジなりました!

f:id:alovesun:20170522163838j:image

事前申請の参加賞Tシャツが主催者側の手違いから数が足りてなくて受け取れず、係員に間違った手続き場所を案内され、足が動かない中行った先では当然対応出来ないとの事で別の場所を案内され、その先で一頻り愚痴るなどのトラブルはありましたが何とか着替えて嫁ーズと記念撮影。手には持ち込んだプロテイン。Tシャツは後日郵送との事。

f:id:alovesun:20170522164216j:image

駐車場へバス最終便で向かう。もう昼の暑さは嘘のように冷たい風が吹いていた。

f:id:alovesun:20170522164300j:image

バス車窓から。よく使われてましたよ。良いですね!

f:id:alovesun:20170522164335j:image

参加賞の無料温泉券は壮瞥町営のゆーあいの湯!気持ち良かった…!

f:id:alovesun:20170522164439j:image

カロリーを取らないかんという事で有珠にあるという宇宙ラーメン?に向かうも無慈悲なスープ切れ閉店!

f:id:alovesun:20170522164546j:image

 伊達のイオンの隣のじぇんとる麺さんに来ました。

f:id:alovesun:20170522164615j:image

伊達ラーメン(ホルモン)味噌味でうまい!

f:id:alovesun:20170522164655j:image

心底疲れていて、昨年は洞爺湖から中山峠経由で帰ったんだけどもまぁ本当にしんどかった。その反省を活かして伊達から高速に乗り、帰宅。樽前サービスエリアのセイコーマートはコーヒーも飲めるし神ですね!

お疲れ様でした!

 

以上ッ!

 

ショアッッッ!!!!

*1:閉鎖時刻1分前に最終関門を通過して完走を確定

*2:この撮影後iPhoneが活動停止した為ゴールとかゴール後の写真は無くてそこは寂しいですね

*3:ガーミンコネクトのユーザ登録は必要

*4:運動レベルとか心拍ゾーンとか言い方ありますが、90%〜はゾーン5で、長距離の時の心拍ではありません

*5:今回、心拍に阿った結果生じる関門打ち切りのリスクは受容済みではありました

*6:特にレース後半の関門閉鎖時刻と現在時刻の差

*7: 「閉鎖時刻と現在時刻の差)÷関門までの残り距離」など

*8:近隣の伊達市からは不動の10番宮澤裕樹選手が!

*9:遅い奴が悪いというか、早けりゃいいんでしょうけど、遅い人ほどエイドは必要なんですよ…w

成人した札幌は大人で。

浦和戦、行ってきました。

「負けるかもしれない。負けるにしても点差は少なく、選手が自信を持って次の試合に」とか、賢しいような視点で、さも見守る的に見ていた僕こそが、札幌を子供扱いして「いずれきっと挫折をするだろう、その時に自分は彼らを」という考えであった事に気付き、恥ずかしい気持ちと不甲斐なさ、目の前の選手の逞しさ、堂々と戦った彼らの姿に、ただ*1落涙するしかなかった、そんな浦和戦でした。

俺とコンサドーレ、自分は毒親だった。どこかで「ダメなコンサドーレ」を待っていた。それはもうやめよう。負けは悔しいと受け止めよう。仕方ないはやめよう。同じく戦い、賢ぶることはなるたけやめて、お前はそうだからいけないんだまだまだ子供だなじゃなくて、今度…飲みに行くか…みたいな、付き合い方?そういうの、したいよねって、埼玉スタジアム2○○2*2で思った浦和戦でした。

動画?無理やな。(俺が泣いてるので)

 

◆さて写真だ。

f:id:alovesun:20170428234636j:image

「絶対に浦和なんかに負けたりしない!」

「浦和には勝てなかったよ…」

(泣いてもこういうのは押さえておくんや)

f:id:alovesun:20170428234739j:image

このTシャツ、普通にビビりましたねw*3

f:id:alovesun:20170428234905j:image

試合の後はノーサイド!川崎、金沢、FC東京、仙台、そして浦和。イイ話、いっぱい聞けました。そして会場の赤羽天狗(テング酒場)、僕の聖地です。

f:id:alovesun:20170428235040j:image

翌日は東京ならではの場所って事で、散歩。ハナマサ最高。二郎でお馴染みのウデ肉。まー肉が安い。

f:id:alovesun:20170428235146j:image

そして秋葉原広末町近くの刀削麺荘唐家。安定やで。

f:id:alovesun:20170428235238j:image

一言で言うて最高。

f:id:alovesun:20170428235306j:image

古いゲームクソ安く買えたトキワムセンが…時代の流れェ……

f:id:alovesun:20170428235348j:image

フォトジェニックな街ですよね。アキバ。

f:id:alovesun:20170428235430j:image

そして僕は帰る。

f:id:alovesun:20170428235452j:image

駐車場行くのに軽く乗らせてもらった新千歳の国内線国際線通路を走るマシンはかっこよかったです。

f:id:alovesun:20170428235551j:image

で、まぁ、新千歳で食うもん迷ったら、フードコートの松尾ジンギスカン(松尾ジンギスカン単体店舗ではない)の卵とじジンギスカン丼がかなり熱いです!!!

 

なんかまぁ、そんな感じで。

札幌、僕みたいな負けがひでぇ頃*4から見てる人がそのままの感覚でいたらいかんぞと。成長してるぞと。バリバリ一部でやってる選手を、普通に、弱みに付け込まず取ってるし、やれてるやれてる!って言わずとも、きっと選手はアジャストしてくる。だから、雰囲気を作るぞ!それをやるぞ!両輪でやっていこうな!

もう、変にいじけて賢しいフリはやめよう!

そう思う、毒親目線からの卒業を決意する浦和戦でした。

 

あと、新千歳フードコートの松尾ジンギスカン卵とじジンギスカン丼はガチです。

 

以上!

 

ショアッッッ!!!!!

 

 

*1:自らの傲慢、思い上がり、この十余年の応援、にも関わらず、そんな情けなさも多分に含まれ、精神のバッファを超えた

*2:正式表記

*3:個人で一枚作られたそうです

*4:J2最下位の04年

手稲に行ってきました。

春の情報処理技術者試験を、受けに。

 

f:id:alovesun:20170420182143j:image

カテゴリに「旅行」と入れたのは冗談なんですが、普段車で行ってる手稲の地に地下鉄とJRを乗り継いで行くのはなかなかよい経験でした。(遠い遠いとネタでは言いますが、そんな遠くないす)

f:id:alovesun:20170420182342j:image

この日は北海道コンサドーレ札幌vs川崎フロンターレが札幌ドームで行われる。僕はそれを休んで試験を受ける。札幌市の対角で僕は僕の戦いをする。

f:id:alovesun:20170420182505j:image

普段親戚の家に行く時寄ることがある手稲西友。徒歩で通過。

f:id:alovesun:20170420182555j:image

振り返れば手稲山。このロケーションというか山の見えっぷりには堪りませんね。たまんないんですよ。*1

f:id:alovesun:20170420182818j:image

言うほど遠くもなく北海道科学大学に。めっちゃ新しい!(昔はそれなりに古かったそうですね)

f:id:alovesun:20170420182908j:image

メインストリートの突き当たりでは #新歓で股を開いた私は若かった と言うわけでもなかろうけど、なんか新年度のサークルの何か?を決める何某かの受付が行われていて姦しい。若さ、喪った属性。勉強すると頭が痛くなるようにななった今の僕は妬み嫉みの念しか彼らに持ち得ないんだ。怨。

f:id:alovesun:20170420183118j:image

所在無く若者を傍観していた元若者のみんな(俺含む)は横の建物に吸い込まれて行った。

f:id:alovesun:20170420183219j:image

神殿かよ……(建物好き)

f:id:alovesun:20170420183303j:image

なんか凄いとこでした。去年は北大で受けたんですが、椅子が死ぬ程使いづらくて、こっちのが良かったですね。

試験は午前1から不安だし、午前2も確勝とは言えない。午後1も時間足りんし視点も甘い、午後2に至っては字数が足りなくなるところを無理やり埋めて「もし万が一午後1までクリアしてたら論文の採点をしてもらえますように!CかBかの判定をして貰えますように!(文字が足りないと読んでもらえない)」という為だけに手を動かした。ホント鉛筆にはグリップつけるか、マークは鉛筆でいいとして記述はシャーペンでやるかしないと手が死にますね…

 

つまりは不合格確定してるってことです。ああ悔しい!

 

f:id:alovesun:20170420183646j:image

そして、帰る。北海道コンサドーレ札幌川崎フロンターレに追いついての引き分けという事で、FC東京川崎F→浦和の3つで勝ち点4を確保したと。すげぇな札幌。

f:id:alovesun:20170420183851j:image

辛い時、嬉しい時、飲みたい時。そんな僕らの気持ち、アルコール欲求を受け止めてくれる地下鉄琴似駅5番出口出て左に50mの「焼鳥純平」。約束の地…*2

f:id:alovesun:20170420184026j:image

スカパー!のスカサカ「平ちゃんの『ほな行こか』」でもお馴染みの鴨鍋を貪り食べ、しこたま大正義サッポロクラシックを飲んだ。悩んでいても試験は終わった!飲んで忘れろ!サッポロクラシック

f:id:alovesun:20170420184157j:image

昨年の「コンサドーレ20周年記念OB戦」に出場し、往時を彷彿とさせるオフサイドをちゃんと見せてくれた相川進也選手が「店にダマでいつのまにか」書いて行ったのサインと被害に遭われた店主の純平さん。*3

 

_人人人人人人_
> 相川参上 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

いや、相川参上て……これが群馬クオリティなのか……w

 

何にせよ酒も料理も相変わらず最高に美味しく、僕の傷心は癒されたのでした。

 

みんなで行こう!

 

_人人人人人人_
> 焼鳥純平 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

以上!

 

ショアッッッ!!!

 

*1:どこからでも立山連峰が見えた富山育ちにとって、遠景の山はとても大事だ。東京は砂漠だよおっかさん!

*2:予約してた的な意味で

*3:コンサドーレでホペイロをされてました事もあり、主にヤンツー時代のお話を諸々して下さいます

鳥豆腐団子を作ってみたのだ。

【うらすじ】

alovesunは5月半ばに洞爺湖マラソン2017(フル)を控えているにも関わらず昨年同時期に比べて4kgも体重をオーバーしていて、現状のベストと言える実績体重(活動していた時期のある体重)の73kgから6kgも超過してるから凄く悲しいのであった。

 

【本文】

で、まぁ、糖質制限というか、純粋にカロリー制限しましょう。という事で前から一度やってみたかった「鳥豆腐団子」を作ってみたと、そういう事です。

2年前の初マラソンを志した時のように白米を豆腐に置き換えて朝晩しのぐ(昼は制限が難しい)というアレをもっかいやればええんやろうけども、率直に言うともう一回短期的にもあの味気ない豆腐主食をやるのは精神的にキツイ。という事もありまして、団子と。

 

参考にしたのはこちら*1です。(推奨の肉と豆腐の割合を適当に記憶してしまっていた)

narumi.blog.jp

 

【ではやるぞ】

◆材料*2*3

鶏胸挽肉 600g

木綿豆腐 2丁(300g×2)→つまり同量。*4

卵 一個

片栗粉 適当(繋がる程度)

塩胡椒 適当

ネギ 適当

白ごま 適当

生姜・大蒜 チューブで1cm程度

 

◆作業

f:id:alovesun:20170419154507j:image

肉と豆腐が同量だと団子にならなそうだから豆腐の水を抜くぞ!

キッチンペーパー二重に巻いた豆腐をレンジで4分加熱。火傷に気をつけてペーパー外して、再度ペーパーに巻き、重石(今回はボウル)をする。

そんな厳密にやる事はないんやろうけど、重さは1丁当たり320g→220g程度にはなりました。

 

f:id:alovesun:20170419155233j:image

材料を混ぜた。順番の工夫はない。

あるとすれば豆腐が崩れるよう揉み込もうという事か?横ではフライパンか広い鍋にお湯を沸かそう。

f:id:alovesun:20170419155427j:image

今回はレンゲとスプーンで団子を作って投入、浮いてきたら挙げる。という事をしましたが、手が疲れるので100均で200円程度のアイスクリームディッシャー(あの握ったらブリッてなる奴)買えば楽だと思います。

f:id:alovesun:20170419155600j:image

出来た。とにかく団子にしてお湯に入れるところで手が疲れた。袋に入れて冷凍しよう。*5

f:id:alovesun:20170419155806j:image

適当にポン酢で食べてみる。食える。しかしこれはホントに血糖値が上がらない感じするんで、こればっか食ってたらヤバそうw

GI値のナッツ類なんかも併用して、必要な糖分とカロリーは摂取していこうな!!!

普段やってる塊肉遊びとは方向性が真逆ではございますが、ひき肉サイドはヘルスケアとか加工が容易であるとか、そういう事で今後もやっていきたいですね。茹でればたくさん作れるのありがたいです。

(塊肉は暇があれば常備菜感覚でやってます)

前回のバラ肉の後は肩ロースfeat.炊飯器

f:id:alovesun:20170419163301j:image

ほい

f:id:alovesun:20170419163345j:image

(煮切ったタレはジップロック前に冷やしましょう)

f:id:alovesun:20170419163426j:image

熱湯3:1水の炊飯器に保温で一晩。

f:id:alovesun:20170419163513j:image

おはよう😃

f:id:alovesun:20170419163528j:image

いい朝ですね。

f:id:alovesun:20170419163550j:image

炊飯器と圧力鍋は本当に挙動が変わって面白いですね。*6

 f:id:alovesun:20170419211307j:image

ふん!

f:id:alovesun:20170419211327j:image

ふん!

f:id:alovesun:20170419211344j:image

ハァッ!*7

鳥豆腐団子?アレや!明日からや!

 

肉、楽しいね☺️*8

 

以上!

 

ショアッッッ!!!! 

*1:文中にはファスティングなどの記述もありますが、併せて「あんまり血糖値を下げ過ぎない」事も記述があります。二、三食糖質ガチガチに制限するとマジで危ないので、適度に血糖値を保てるものを摂りましょう

*2:今回の材料であり、ベストなレシピではないと思います

*3:だって調達段階でうろ覚えだったから豆腐無駄に多いし…

*4:同量でも形にはなりました

*5:茹でたお湯は鳥の旨味が多少出てるんでなんかのスープに使うとかするとよいかもだけど、別にしなくてもよい

*6:炊飯器空いてねーよってアレに関しては、私はご飯はいつも炊き次第ジップロックコンテナに一膳分ずつ小分けにして冷凍してまして、そういう管理です

*7:崩撃雲身双虎掌

*8:魚は世界的にっていうか日本絡みで獲り過ぎで死にそうなんで、個人的には魚大好きだけど生産計画が立てられて資源管理もされる肉で凌ぐのが気が楽です

バラ肉は圧力がよい(脂取得的な意味で)

祝:北海道コンサドーレ札幌勝利

(ところで新型fireTVstick評判いいですね。DAZNはやはりハードパワー(通信と処理能力)に依存するようですな)

f:id:alovesun:20170410191002j:image

先日圧力をかけた豚バラ肉が良い働きをし、味玉チャーシュー麺となりました。

 

◆豚バラチャーシューを作ろう

☆煮汁(圧力鍋で事前に煮切る)

醤油:味醂:酒:水=1:1:1:4

砂糖

赤唐辛子

ネギの青いところ

生姜

☆肉

豚バラブロック

(肩ロース、モモでも無問題)

f:id:alovesun:20170410191116j:image

肉に焼きを入れる(脂面を下に焼き始めたら他の油は不要です)

f:id:alovesun:20170410191404j:image

めんどくても側面やら焼きましょう。バラ肉は固めて置かないと崩れます。

f:id:alovesun:20170410191454j:image

圧力かけっぞ!(我が家のだと中火でシュンシュン言わせてから20分)

f:id:alovesun:20170410191552j:image

出来た。

この後「肉をトングで取って袋に入れる」「ネギや生姜が入ってる圧力鍋のリキッドをザルで濾す」「ザルの中身はいい薬味になるので保管したりしてもよい」「リキッドを冷蔵庫で冷やす」「冷えたリキッドはラードとタレに分離するのでラードを取得」「肉の袋にタレを入れてタレ漬けにする」「余ったタレでゆで卵を漬ける」をやりました。

 

そして……

f:id:alovesun:20170410191836j:image

出来たあと数日浸かった豚バラチャーシュー

f:id:alovesun:20170410191947j:image

煮卵も切って、ラードで炒めたキャベツにお湯を注ぎスープの元とした上で大鍋で麺を茹でる。

f:id:alovesun:20170410192050j:image

ありがとう……(考えるまでもなくうまかった)

 

豚肉、やろうぜ!!

 

以上!

 

ショアッッッ!!!

2016年J2第41節千葉vs札幌を見てきた事を動画にまとめました。

f:id:alovesun:20170330221153j:image

2016年のJ2大詰め、リーグ戦中盤までの途中経過*1からは全く想定外の大勝負*2となったフクアリ千葉戦について、撮ってた動画をまとめました。遠征の参考にして頂ければ何よりです。

 

飛行機が止まった後の「ポーン」あり、みすず学苑の広告あり、フクダ電子アリーナあり、応援あり、おしぼりペニーあり、大勝軒ありの盛りだくさんな内容となっているような気はします。

宜しくご確認下さい。

(おしぼり折り実演は30分過ぎになります)

www.youtube.com

Windowsムービーメーカーが不調で難儀しましたぜ…(2017年1月でサポート切れてたんですね…かなしみ…)

当時の観戦記はこちらになります。

alovesun.hatenablog.com

 

あとこれはホントサッカー関係ない(倉敷保雄さん方面に関係あるかも)余談なんですけど、シンゴジラの特典ディスク2枚め(スペシャル特典ディスク)最高過ぎないですか?これ、3枚組Blu-rayが最高の選択だと思うんですね。制作過程を見られるってのはやっぱり得難い。出来れば作り途中というか、仮のモデルで作られた流れ、プリヴィズってんでしょうか、言うなればザツゴジラも見てみたいなって本気で思いましたね。

 

以上!

 

ショアッ!!!!!

*1:2位との勝ち点差9とかそんなん

*2:2位松本が勝ち点差なし、3位清水が勝ち点差3の得失点差圧倒的優位。松本と清水は共にバカみたいに連勝してて相手関係から見ても止まらない。その為札幌は2戦で勝ち点4が必要な状況。仮に三位になっても動けるFWが都倉内村しかおらず、怪我人だらけでプレーオフ2戦は贔屓目に見ても厳しい。以上の理由からここは最低でも引き分けなければならなかった。

鶏モモと大根の味噌煮

鶏モモと大根を醤油と味醂で…というのは良くやるので味噌でやったらこれはこれでうまかった!赤味噌なくても何とかなる!

 

レシピは権威あるものを参照していこう!

www.kyounoryouri.jp

 

 

◆完成図

f:id:alovesun:20170324184614j:image

彩りがない?ほうれん草でも別盛りで食うとよい!

 

◆材料

鶏モモ肉1〜2枚*1

大根1/2本

生姜ひとかけ*2

醤油大さじ1

味噌大さじ1*3

味醂大さじ1

ごま油大さじ1

お好みで唐辛子、胡椒、柚子*4

 

◆手順

f:id:alovesun:20170324184649j:image

大根は2〜3cmで厚めのいちょう切り(ゴロッとした感じ)

鶏肉は一口大に切る。

f:id:alovesun:20170324185125j:image

ごま油*5引いて皮目下にして鶏肉を焼く。全面焼き色つける。あとで20分煮るから厳密にやらなくてもよい。

f:id:alovesun:20170324185324j:image

鶏肉をひっくり返したりしつつ赤い肉色が消えたら大根を入れよう。

f:id:alovesun:20170324185405j:image

油が馴染む程度に炒める。馴染むってのも感覚的ですが、まぁなんだ、ひとしきり回して油にまみれていかにも表面が油吸ったなって感じになればよい。

f:id:alovesun:20170324185527j:image

水を2カップ(400ml)、醤油大さじ1、蓋をして20分中火で煮込む。今回は落し蓋にしたけど、がっちりした密閉に近い蓋でもいいのかな?落し蓋だと結構煮詰まるから、その場合は弱めの火が良いと思います。

f:id:alovesun:20170324185757j:image

味噌大さじ1、味醂大さじ1を入れて3分ほど仕上げ煮。パンチねぇなぁと思ったら唐辛子とか胡椒とか柚子とか香り方向を追加すると何となく誤魔化せる感じします。しっかりさせたかったら少し砂糖入れてもいいかも。砂糖は比較的簡単に厚みが出るので男性諸氏にあられましては使ってみてはいかがでしょうか。僕は何となく「砂糖とかなぁ」と思い込んでたみたいで、使ってみるまで砂糖否定派でしたが使うと楽になりました。

 

以上!

(ところでこのANOVAってのは欲しくなりますよね。普段から塊肉やるわけでもない人にとってのおもちゃとしちゃ~流石に高いとは思いますが…w) 

 

ショアッッッ!!!!

*1:今回は作り置くつもりだったので2枚

*2:チューブでもいい

*3:赤味噌があればベター

*4:なくても構わない

*5:なければ普通の油でよい