alovelog

続けられるよう頑張ります。(雑な)料理、サッカー見に行った時のこと、ランニングなどが大体の話題だと思います。

2021年のJリーグが開幕して札幌がJ1首位になり、楽しかったの巻

こんにちは。

明治安田生命J1リーグ単独首位北海道コンサドーレ札幌です。*1

よろしくお願いします。

f:id:alovesun:20210228150202j:image

……というわけで開幕戦、完全に勝ち申した。
f:id:alovesun:20210228141912j:image

 

今年のコンサドーレに求めるものは、試合の時々での切り替え(潰しに行く、セットする、など)なんであるけども、横浜FCは果たしてその必要はまったくなく、ほぼ始終殴り続けるような展開になった。

 

◆対戦相手について

横浜FCはおそらく何も得るものがなく、ただ24番と5番の心が折られ、10番は守備の役にはあまり立たないことが露呈し、ビルドアップはやらなかったらしいので出来ず、さりとて蹴るような展開も作りづらく、観戦してた立場からすると見えてはいない。得点は反動蹴速迅砲みたいなサイド裏抜けからのクレーベJ1初ゴール。狙ってたかは微妙(サイドを雪隠詰めして紛れを起こすのが狙いの一つなら、出来たけど、この一回)ではあった。

そのクレーベはというと、黄色の魂をゴールとカード(金眠泰へのファウル)により高々と示していて、見てるか千葉……クレーベはJ1で元気にやっているぞ……!という気持ちになった。ミシャになってから、明確に「相手チームが折れたな」というゲームを何回か見れてて、いきなりこの悪趣味な愉悦を味わえたのは僥倖でありました。壊れろ……!

 

◆弊軍について

身長小さいから蹴られたらやだなー。中盤飛ばされたらやだなー。ラグビーサッカーされたらやだなーと思ってたら何もされなかったし、させなかった。

チャナティップが二人いたらなー。一人は裏抜けも出来てさぁ〜とか思ってたら果たして小柏くんはまさにそういう選手で、更には前線守備では羽虫のような鬱陶しさで相手に容易く蹴らせない。なので札幌の中盤以降は苦し紛れのキックに競り、アジリティに勝るメンツでセカンドを回収し続けていた。いいのかこんなに上手く行って……?*2

宮澤駒井という、深井高嶺両方をベンチに置くボランチの組み合わせは存外機能しており、時に宮澤が荒野みたいな蛸の触手ボールカットを狙うも宮澤自身の身体の硬さにより「単に相手の脚を削るだけ」というお茶目プレイとして顕現したり、見る者(俺)を飽きさせない。

金子は存外与えられた9番にオラオラしてて、ポンポンと取れた点も大きかったけど、横浜FC24番の心を完全折っていた。ルーカスとチャナティップはロペス含めてワンセットで横浜FCの要警戒リストだったろうし、まぁシブい働きを余儀なくされてたが、といって潰されてはおらず、その分小柏金子サイドがガラ空きですよ?みたいになってて、改めて横浜FCとしては無。完全に虚無。暗闇、底無し。得るものはなくただ疲れただけみたいな札幌戦だったであろう……(俺はもうそんなのは見たくない……!※見飽きてるので)

相手の事はまぁいいや。

札幌視点だと、変な話一本調子に見える感じで然程の逡巡もなく試合が終わってしまい、実戦の中で「相手にキッチリボール持たれたら?」とかそういうところの見込みは見えなかった。去年より切り替えていけるといいなぁ。うん。

ともあれ開幕戦で5-1勝利。

第一節ではあるが、北海道コンサドーレ札幌J1リーグの単独首位でございます。

ありがとうございます。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

J1リーグ単独首位の北海道コンサドーレ札幌です。よろしくお願いします。ということで、一旦中締めとさせて頂きます。


◆写真たちだ!
f:id:alovesun:20210228143644j:image

今週の札幌は金曜昼過ぎから夜明けまでスゲー雪が降り、道はえらいことになっていた。これが降雪地域のリアルである。秋春制連続主張痴呆マンの人達は雪に対する問題解決から逃げないでいような!

f:id:alovesun:20210228143922j:image

歩いていてもボコボコ雪は降る。フードとか真っ白ですよ。

f:id:alovesun:20210228144003j:image

粉のフワフワ系でなく、玉のポコポコ系。春が近いけど、いい加減勘弁して下さい。

f:id:alovesun:20210228144123j:image

ドームの客席は結構埋まっていた。今年も試合の都度チケット買おうと思います。

f:id:alovesun:20210228144209j:image

試合だ何だはもう書いたので、札幌ドームのビール価格が軒並み上がっている事をお伝えしてこの項を終わります。


f:id:alovesun:20210228144342j:image

春近い札幌の街を、夕陽が照らしていたという……!

(翌日、明治安田生命J1リーグの単独首位を確定させた北海道コンサドーレ札幌の姿が、そこにあったという)

 

end

*1:2021/02/28 15:00第一節完了段階

*2:いいのかも知れない。俺達も幸せになる権利はあるんだ……!

牛丼ってダシ要らないんだな……

玉ねぎと牛肉だけでマジで出来るので驚いた。

f:id:alovesun:20210223155005j:image

 

参考にしたのはこのレシピだ!!!(白ごはん.comさんは奇抜な調味料をあまり要求してこないので助かる。とにかく飯が進む味付けなのか、甘めになったりはするんで、そこはいくつか作ってみて、適宜調整すると良いと思う)

 

やっていくぞ!!

f:id:alovesun:20210223155045j:image

週の半ばの休みをダラダラと過ごしていた俺は、ふと「牛肉と玉ねぎあったら牛丼出来んじゃね???」と思い立ち、ごはんを炊き始めた。


f:id:alovesun:20210223155412j:image

レシピを見ると、牛肉、玉ねぎ、あとは調味料だ。しょうがはチューブので良い。

切った玉ねぎと牛肉をまとめる。

 

フライパンか鍋に水200ml、醤油60ml(大4)、酒50ml(大3と小1)、みりん50ml(大3と小1)、砂糖大3(かなり甘めの仕上がりになるので、半分ぐらいでもいいかも)、あと生姜を入れる。


f:id:alovesun:20210223155700j:image

火にかける前に玉ねぎをブチまけて、Fire。


f:id:alovesun:20210223155739j:image

液体がふつふつしてきたら、牛肉をほぐしながら入れる。

f:id:alovesun:20210223155809j:image

もうこの様相である。

アクが気になったら取って、弱火に毛が生えた感じで20分。(フタはしない。軽く煮詰めたいので)


f:id:alovesun:20210223155859j:image

そしたらこれである。


f:id:alovesun:20210223155936j:image

炊けちゃうし。


f:id:alovesun:20210223155951j:image

当然のライドオン。

 

食った感じ、うまいし、甘い。

甘さは控えてもいいと思う。

これベースで玉ねぎと牛肉だけでなく、えのきだ糸こんにゃくだ、しいたけだなんだを入れてもそれはそれでよいかな〜と思った。

 

荒れ模様の札幌ですが、皆様ご安全に。

(20分火にかけるとかの場合は必ずタイマーをかけような!!!)

 

以上!

何色かわからない湯に入る

換気扇を止める。風呂の天井の排気口から外の音が聞こえてくる。

暗くした風呂は目に入る刺激が少なく、温浴による身体の心地よさはもちろんの事、心がすっと落ち着く。換気扇などを止めれば耳からの刺激も少なくなる。効果はひとしおだ。目と耳からの刺激がなくなり、スッと自分の意識のようなものに意識がクローズする瞬間は眠りに入る時に似ているが、風呂で寝てはいけない(戒め)

 

我が家の風呂は狭い。

古い建物なので仕方がないが、自分の身体がそこそこ大きい*1事も狭く感じる理由ではある。

最近は「このマンションを出るとして、次にどんなところに住みたいか」をリアルに考えるようになっていて、その為のと言うわけではないが、ワザと色んな所のスーパーで買い物をしてみるなど、自分なりに人生の一つのフェーズ移行のような雰囲気を感じている。

ともあれ、湯に浸かって半目開いてるような昼の闇風呂の間ぐらいはこんな考えは流そう。と、両手でお湯をすくい、顔を洗う。

入浴剤の香りがしたが、闇風呂なので何色かはよくわからない。香りにしても、何故か「森の香り発泡入浴剤アソート」を買っているので、大樹の香りなのか深緑の香りなのか針葉樹の香りなのか若葉の香りなのか、色が無ければ同定は無理というもの。暗い風呂の中で心中ツッコんで、少し笑った。

 

今住んでるとこは大変に古いマンション(札幌では)なんであるが、出来た当時はきっと周りの建物はこれよりも全然低く、街並みも随分と背が低かったんだろう。きっと空はまだスパイクタイヤによる粉塵でモヤモヤしていて、今みたいにスカッと冬の青空が臨めるようなものではなかったろう。それでもきっと、この部屋からの眺めに、ジワッと、震えるような感動を、ここに住んできた人達はしてたんじゃないか?そうだろう。だって、俺もここの内見に来た時、窓の外見て、ブルっと来たから。

 

身体が温まり、解れてきた。暗い中湯船を出て、息を整え、クソ冷たい水シャワーを浴びる。脱衣所のアコーディオンカーテンを開けて、明かりを入れる。それでもまだ風呂は白黒の感じが強い。明るくはない。

湯船の縁に腰掛けて、少し休み、また湯に浸かる。お湯の色は、少し青がかっていた。ように見えた。何せまだ全然暗いのだ。わかるわけもない。

ふと脱衣所のゴミ箱に捨てた包み紙でも見て確かめようかと思ったが、闇風呂の途中で些細な執着に引きずられても仕方ない。まぁ、自分は風呂に入り、気持ちがよく、湯の匂いも色も、何かはよくわからないけど、心地よさを共に与えてくれるものなのだ。それを受け容れていればいいや。と、執着しそうな気持ちを流した。

 

また水シャワーを浴びて、風呂の外に出る。

窓からは河川敷の雪堆積場に積まれた雪の上をトラックが走ってる様子が見える。面白い。

 

何やかや、やっぱこの部屋、好きだなと、そんな事を、思った。

(入浴剤は針葉樹の森の香りで、湯の色は青みがかったグリーンだった)

 

*1:185cm、83kg←痩せるどころか増えてる!!!

【食べたい料理にプリズムクッキング】白菜と豚肉の炒めもの

これが、俺のすべて
f:id:alovesun:20210218194020j:image

 

やっていくぞ!

豚肉をほどき、材料を切る。ある野菜を適当に切れば良い。味は合わせ調味料が決めるんだ。

f:id:alovesun:20210218194038j:image

(並べてしまうのがマイスタイル)

 

f:id:alovesun:20210218194147j:image

ごま油で豚肉を炒め、白菜の芯を加える。

合わせ調味料は以下の通り。軽量カップかなんかに合わせておこう。(画像の左下)

水150ml

中華だしの素大さじ1

酒大さじ1

片栗粉小さじ2

にんにく


f:id:alovesun:20210218194429j:image

白菜の芯にも火が入ったなら残りをフライパンにぶちまけろ!炒めて炒めて、合わせ調味料を回し入れて尚フライパンの中身をぐるぐるする。


f:id:alovesun:20210218194533j:image

とろみがついたら完成だ。

最後にごま油回しかけて、粗挽き黒胡椒をこれでもかとかけてやりねぇ……!

(玉子にまみれてるのは、合わせ調味料投入の後オリチャー*1を発動してしまったからだ!うまかったから俺の勝ち!)

 

材料の組み合わせでググって、良さげなレシピに従って作る。

それだけで勝てる。

そんな局面が、今、この時なんだよ。

 

俺はお前が、一歩を踏み出してくれたら、嬉しい。

 

なんだって出来る。

何にだってなれる。

なりたい自分に、プリズムジャンプ。

ついに、出ますね……

これを待っていたんだ。

特典有無はともあれ、絶対10周年記念Blu-rayBOX買う〜!!!

 

ではまた(唐突に冷静な終了)

*1:※オリジナルチャート、アドリブとも言う。

牛乳と、小麦粉、顆粒コンソメと、塩コショウがあれば、シチューは……作れる……!

俺に、俺について来い!

ホワイトソース?バター?

そんなもん要らん!!!!

f:id:alovesun:20210217202420j:image

冷蔵庫の中の適当な野菜を取り出せ!

f:id:alovesun:20210217202520j:image

野菜から切って、ボウルにでも入れとけ!

白菜なんかこんなんでいいよ。

f:id:alovesun:20210217202558j:image

鶏肉は最後に切ろう(なんか安全面でね、その方がいいのよ)

f:id:alovesun:20210217202721j:image

鍋にオリーブオイル(無けりゃサラダ油でもよい)、にんにくチューブと生姜チューブ(これは俺が無条件で入れてるだけ)、鶏肉の表面が白くなるまで炒めて、その後切った野菜を入れて油をなじませる。

f:id:alovesun:20210217202841j:image

油が馴染んだら

水200ml

コンソメ顆粒小さじ2

を入れて、蓋して弱火で煮る。

f:id:alovesun:20210217202924j:image

傍らで

小麦粉大さじ2

牛乳300ml

を準備。小麦粉は泡立て器でダマを崩そう。

f:id:alovesun:20210217203004j:image

牛乳を少しずつ混ぜる。最初はねっとりするけど、さらに牛乳を加えると溶ける。溶かせ!

f:id:alovesun:20210217203048j:image

そして鍋へ。

優しく混ぜながら、液体がもったりしてくるのを待とう。(弱めの中火で再沸騰するころにはいい塩梅よ)

f:id:alovesun:20210217203153j:image

味が足りなきゃ塩コショウで整える。んだけど、俺はよそった後のテーブルクッキングに任せればいいと思う。

カルディのイタリアンハーブミックスとかかけてもおいしかった。

f:id:alovesun:20210217203305j:image

あとはよつ葉乳業様のチーズとセイコーマート*1のワインでキメるんじゃい〜!!!

 

みんなもやろう!シチュー!

シチューは家庭料理なんだなと、やれば理解出来る。

野菜や肉の適量?そんなもんねぇよ!

入れたい野菜、使いたい肉をブチ込め!

炒めるときににんにく入れれば神様がケツに最高の味をブチこんでくれらぁ!

 

じゃあな!

ゲームは一日一時間!

そんなもんでゲームやったって言えるかよ!

好きなだけやれ!

でもな、食べたあとの皿は、洗おうな……!

 

Ciao

*1:北海道が誇る最強のコンビニエンスストアであり道北オホーツク地域の生活インフラそのもの←ドライブしてみたら解る

鶏南蛮を作ろう。

f:id:alovesun:20210213201355j:image

(俺んちの照明のクセよ……)

この連休(すまん。4連休にしてたんだ)、初日は自宅で焼肉、2日目は嫁様がスープカレーを自作。それぞれ飲酒もしつつ既に3日目、ガッツリしたのも一旦休みということで、蕎麦にしたろうとなった。

 

ということで今回は普通に出汁を取り、つゆを作って、焼いた鶏肉とネギを合わせる鶏南蛮をこさえたのだ。

 

(鶏肉で『汁*1』を作り、蕎麦を合わせたのは以前の記事↓)



 

ともあれホントに何回でも言うけど、だしパック使って醤油と味醂でそばつゆはあっさりできる。ホントに簡単なので、やってみてくれ……金はかからん。


f:id:alovesun:20210213201658j:image

水600ml

だしパック1つ

 →水から入れて沸騰したら5分

だしが取り終わったら

醤油大さじ4

味醂大さじ3*2

→醤油味醂入れたらしいたけも入れちまえ

 

鶏胸肉を削ぎ切りにして、ネギと焼く

→鶏肉はそのままつゆに。ネギはクタクタになるから取っておいた。つゆに入れて煮ても良いかな。


f:id:alovesun:20210213202001j:image

そしたら生麺を茹でて、水で締めて、別に沸かしておいたお湯を通して

 

冒頭へもどる。

f:id:alovesun:20210213201355j:image

 

何も悩ましいことはない。

やるか、やらないか。

俺はやってみなくちゃわからない事を、わからなかったらやってみよう!して、わかるようになり、どんどん上手くなっている。

予熱十分。憧れ焦がれちゃいそう!

 

それがね……プリパラ……*3

 

以上!終了!

*1:昆布だしと材料を強く煮込んで味噌や醤油で味をつける俺の最高手抜き料理:うまい

*2:いつもは味醂大さじ4だが、これを試したかった:3の方がソリッドでうまかった

*3:すごく便利な終わり方だけど、これは1・2・スウィーツです。

窓の外の雪煙を眺める

よく晴れた冬の昼に洗濯物を干す。窓から入る日差しが遮られ、部屋の明るさが落ち着く。ほんのりと涼しくなり、室内は少し湿気が籠もる。

何日か前に買ってあった甘いチョコレートドリンクを冷蔵庫から出して、ソファに腰を掛ける。部屋の中にはサーキュレーターとファンヒーターの稼働音がブォー、ゴー、と鳴っている。無音なのもよいが、こんな音もよい。

ストローをすする。甘い。頭の奥がどろりと沈む、不快ではない感覚に浸りつつ、少し陰った部屋の中から窓の外に目をやる。

晴れた景色の中に雪煙が吹き荒んでいた。細かい白い粒がチラチラと光り、捻じ曲がって吹く風に乗って雑にすっ飛んでいく。

距離のあるマンションの屋上から吹き散らす雪煙を眺めていると、近いところを白い粒が吹き散らして行った。きっと住んでるマンションのものだろう。

よく見れば雲の流れも早い。外はそこそこ風も強いんだろう。札幌に限った話ではないが、北海道の乾いた雪は、風が吹くと特別でもなく巻き上げられ、雪煙になる。俺はそれが、なんか好きだ。*1

近所の建設現場の音が、締め切っている窓の向こうから流れ込んでいる。ヒュッと近いところを烏が飛んでいった。部屋の中は相変わらず暖房と送風機の音が続いている。

寝てしまうでも、何かをするでもなく、ぼや〜っと外を眺めている時間。意図したわけでなく、たまたま、心と身体と環境のタイミングがバチッとハマった、そんな時間だった。

*1:※車に乗ってる時は本当に困る。