alovelog

続けられるよう頑張ります。

「広島カープ誕生物語」が突き刺さりまくる必読書だった事を伝えたい。

f:id:alovesun:20160912102525j:image

(2017/09/18追記)

広島東洋カープセリーグ二連覇おめでとうございます。

(追記終わり)

 

広島東洋カープ、優勝おめでとうございます。一球毎の地鳴りのような歓声、凄かったですね。門外漢ながら痺れました。

※先んじて申しておきますが、僕は広島ファンでもなんでもありません。その辺期待されるとしんどいと思います。

 

◆当エントリは

はだしのゲンでお馴染みの中沢啓治さんの作品「広島カープ誕生物語」がべらぼうに最高なので読んで下さい。というエントリです。

上記、確かに高い。どぐされ球団11巻121円(※2016年10月25日現在価格は通常に戻った模様)の実に13倍である。でもページ単価4円、200ページ単行本で800円と考えれば、これは安い。寧ろ320円ポイントついておトクぐらいの雰囲気。よし!話は決まった。Kindle版買って読もうぜ!

ハイ話終わり!解散!

 

で、納得されるわけもないので「広島カープ誕生物語」について紹介するからとっとと読んで下さい。

魅力については一つ一つ紹介していこう。

 

◆猫がかわいい

f:id:alovesun:20160911031040j:image

わかったか?読め!

◆電車賃を出してもらう実力が凄い

f:id:alovesun:20160911031134j:image

試合の為広島から呉に行きたい少年は落語勝負を仕掛ける……気になったら続きを読もう!

◆広島カープ誕生が詳らかに描かれている。

f:id:alovesun:20160911031307j:image

これはネタとかでなくわかりよい。

 

 ◆英語の勉強になる。

f:id:alovesun:20160911031358j:image

単複同型なのね。知らんかった!(※しかしチーム名とかの時はカープスでも良いみたいですね)

◆「カープは弱い!何故だ!」

f:id:alovesun:20160911031453j:image

「金がないからさ……」この辺、とてもつらい。

 

◆球団応援歌、爆誕

f:id:alovesun:20160911031550j:image

イカす。

 

◆ロマンスもあんねやで?

f:id:alovesun:20160911031629j:image

サッカーだと反則だね(ニッコリ)

 

◆正論で偉そうな事を言うアホは吊るせ!

f:id:alovesun:20160911031709j:image

髪撫でつけのいけ好かない野郎はシゴウしたれ!これはホント、そう。んなこたわかってんだよ!って事を目の前で偉そうに言うと、普通、うん、……なるよね!

 

◆猫が驚くほどモフりたくない

f:id:alovesun:20160911031837j:image

これ猫なんだよ。猫なの。猫である事に異議はないし、寧ろ猫以外には見えんのやけど、この猫にモフりたくはならん!すごい!(すごい)

 

◆広島駅、ファンと来たら、こうなる。

f:id:alovesun:20160911031950j:image

広島駅、ファン、ウッ頭が……!

 

◆ファンは歳をとり、チームと共に生き続ける。

f:id:alovesun:20160911032150j:image 

ここに尽きる。それでもいい。弱いのが嫌なら優勝しそうなチームに鞍替えてもいいだろう。それも一つの生き方だ。でもそいつの喜びよりも、信じて付き添って傷ついて泣きたくなって実際泣いて、そしていつかもしかしたら……と思う中で得る喜びは、移り気な奴らの幸せの総量にこそ敵わなかったとしても、一発の純度、体験の濃密さ、自分の中での価値、これらは絶対にブチ抜ける。極上の一発である。そしてそれこそが、孫の代まで語り継ぐ体験であり、感情なんだろう。と、このコマは教えてくれる。物凄く雄弁だ。

この後もTwitterでは幾つかコマを貼った。でもこのエントリではそれはしないでおきたい。読んで欲しい。信じていればいつか福音がある、報われるなどと甘言は言えない。報われたとして、遅過ぎるかもしれない。状況は皆それぞれに違う。ただ、このような作品から得られる共感は、きっとあるだろう。だから色んな人に、改めて読んでみて欲しいと思う。そんな中沢啓治「広島カープ誕生物語」でありました。

広島東洋カープ、この度はセントラルリーグリーグ戦優勝おめでとうございました。

 

ショアッ!!!!!