読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

alovelog

続けられるよう頑張ります。

2014年J2・絶景の旅「ジュビロ磐田」

札幌 サッカー Jリーグ J2

時には〜 降格圏の〜 負ける流れに〜 任せ〜
J2と言う名の〜 二部で待ってる〜♪


…なんか去年の10月に似たような事やってたなと思ったら
天皇杯で若手主体のメンバーで勝ったんでした。

J2・絶景の旅 特別編「天皇杯 磐田戦」

私にとってジュビロ磐田ってのは、神話の世界というか、
Jリーグどころかサッカー不毛の地とも言える私の出身県(民放2局)にまで轟くほどの、
全国区の知名度を誇る炎のストライカー(当時言ってたかは謎)中山雅史を擁し
2年目からJリーグに参入したと思ったらグイグイとそれまでの強豪を押し退けてチャンピオンクラブに。
清水、鹿島と熱く覇権を争い、2000年代初頭には世界も狙える程に完成し
日本史上でも最強の破壊力を持つ伝説級のクラブだったんですが、
それが今となっては日本代表を抱えながらJ2に降格した訳で、
昔から磐田を見てる人にとっては必然だよとか、仕方ないよとか
フロントがアレなんだよとか悪いところが見えてる(立ち話で聞いた)んでしょうけども、
私の如くゲスな人間にとっては意外と言う他はなく、以下のような印象でした。

Jリーグ史上最強を誇った超名門ジュビロ磐田
 世代交代と監督交代にドハマりして天皇杯で若手中心のJ2札幌相手に
 アヘ顔ダブルピース敗退かますなんて…」

なんというか、私の憧れというものは勝手なもので、

「美しく気高い磐田はそんな降格なんてイヤらしい事をしちゃいけないんだ!」

「どうして?どうして本当の私を見てくれないの?私だって普通のJリーグクラブなんだよ?
 好きな選手が居ればオファーもするし、契約もする。それがライバルクラブ出身でも。
 森下監督との契約だってそう。その時はそうするしか無かったし、それでいいと思ってたのよ」

「違う違う!僕の憧れた磐田はそんな事しないんだ!ブラジルの、オランダの、日本の、
 一流どころの監督、ヤマハ時代からの最高のコーチ、フィロソフィー、的確なプライド。
 そうしたものを積み上げ、崩さず、移籍選手だって皆その誇りを胸に……胸に……」

「私を見て!私だって札幌君と同じように浮き沈みする!機能しない監督を切れない弱さもある。
 普通のJリーグクラブなのよ……09年には仙台くんと入れ替え戦もしたわ……」

「嘘だ……こんな……強化がブレ、監督もアレな磐田が……
 僕の憧れた磐田であるはずがない……」

「札幌くん…」

「そうか……お前は偽物なんだ……だからこんな……
 J2に負けて天皇杯敗退とかそんな事を……
 これは嘘だ……悪い夢だ……
 僕の磐田は今頃Jリーグを飛び出し、一足先にJプレミアを1チームで戦い、
 アジアを勝ち抜いて世界クラブ選手権に……」

「お願い!磐田で試合前にトークショーしてた時の名波さんじゃないんだから酷いこと言わないで!」

「うるさいうるさい!お前は偽物だ!1990年代後半から2000年代前半までが本物の磐田なんだ!」

「その頃武田修宏サイドバックで使ったりもしたわ…」

「嘘だァアアアアアーーー!!!!」(※本当)(96年の話なので本格化の前ではあった)

みたいな、ぼくのマリー的な感じで、うん。
当事者が知っててもどうにも出来ん暗黒というのがあるんだろうなぁ。
まぁ地力が違うからなんか多分残留しちゃうんじゃね?とか思ってたらホントにJ2に来てしまい
そのくせメンバーがそこまで落ちないまま開幕を迎えました。

それでは前置きが無駄に長くなりましたがしゅっぱぁつ!(端折っていきます)


―旅の始まりは新千歳空港。今年も宜しくお願いします!
「まぁ北海道から移動するってなればそりゃ飛行機しかねぇわな」
北海道新幹線が出来ても何やかや高いでしょうし、飛行機一強は揺るがんでしょうね。


―ややっ!?これはコーラ!
JALの機内ではコーラも出せるんですよ」
―小さい缶の奴を注いでくれまして、シュワシュワできます。


―太鼓やら二泊三日の荷物やら重いのでホテルに先に荷物を預けましょう。
新宿アルタ前ですが、そういやいいとも終わりますね」
―一回ぐらい観覧いきたかったなぁ。


―東京と言えばこれ!福しんのタンメン!!
「同じチェーン系でも大勝軒とか二郎とか何でもあるだろ」
―この優しい味は他にはないんですね。
福しんツイッターのアカウントも得も言われぬ味を出してるけど
 福しん知らん人には厳しいかも」


―ややっ!?これは国立競技場!かっこいいー
甲府vs鹿島の開幕戦でした。鹿島は得点機を活かしましたね」
―後半FWに入った甲府の盛田の動きは遠目に見てると曽田さんぽかったです!
「目ぇ大丈夫か?」

初日は新宿の天狗で飲んで、寝ました。

【旬鮮酒場天狗】
 テンアライド株式会社の居酒屋チェーン。
 コンサドーレ札幌をスポンサードしてくださっているサッポロビール様のビールが三種類飲める。
 ヤバい。旨い。間違いない。


―2日目は新宿からコンサドーレ札幌関東後援会のバスに乗って磐田に向かいます。
「なんかあるな」
―ややっ?アレはアントニオ猪木酒場ですね!?
「毎回見かける度に写真撮るけど、結局いかなかったな」


―バスは2台が満車です。車内で販売されるクラシックを頂いて4時間程ダベってました。
「おう、松山光プロジェクトのステッカー出来たからよ。一人千円な」
―アッハイ……(千円ピシー
「おう、LAWSONのロッピーからも支払い受付られるからよ」
―アッハイ……(仕事早ぇな…)


―磐田のスタジアム入り口広場ではYAMAHAのセローっぽいバイクのデモが行われてました!
「写ってねぇよ」
―っさい!こっちも入場急いどるんじゃ
「あと磐田の人曰く、ずっと見てるからそこまで有り難みが…らしいな」
―アウェイの人は嬉しがると思うけどね。YAMAHAかっけぇわ。


―ややっ?応援集会?
「荒野、上原慎也、奈良、チームものの4曲がランクインだよ〜(花輪くん声で」
カウントダウンTVってまだやってんのか?
「動画についてはこっちをチェック!尚、奈良さんは怪我でベンチ外なのでお披露目無しでした」


―でまぁ試合だったんですが、結果はご存知の通り。
「あれあれ。アレのスタンドとかを入れるようにして撮って貰っていいですか?」

2年連続開幕完封勝利イグゥゥウウウウウ!!!!
2000年代の一頃、ハイクオリティなサッカーで頂点を競い合った
ジェフ千葉ジュビロ磐田の2クラブ相手に、
アウェーでの2年連続開幕勝利を、よりにもよってJ2でやってしまった事と、
銘酒砂川彗星も驚きの名手砂川FK弾、
更には長崎より加入した金山選手の凄さに驚きを禁じえず
アッヘェェェエエエエエ!!!!

―あーあ、やっちゃったw


―帰りの乾杯です!
「一人だけお通夜状態だった磐田のサポーター可哀想やったわ!」
―目が据わったままクラシックを飲む様子は最高のツマミでしたね!

この日も天狗(同じ店)で宴会して、新宿で寝た。
(どうも開幕戦の後タクシーもバスもなかなかこず、
 名古屋や羽田から帰れない札幌サポーターも結構いたんだとか…)
(磐田はタクシー予約しておくのが吉ですね:真面目情報)


―さて最終日、帰りましょう。
「東京駅丸の内北口の荷物預けブースは便利ですね」
―このホール、ど真ん中だとイクスピアリの奴みたいに少し声響きますね!


秋葉原で昼食を取ります。
「街も綺麗になって久しいね」
―ややっ?アレはなんのアニメですか?
「ビタイチ知らん」
―これ、天皇杯の時もやったな。


―で、末広町近くの唐家行くやろ?
「間違いないな」


―安定の麻辣刀削麺だわなぁ。
「中国の黒酢うまいよね」
―嫁様汁なし刀削麺いってたわ。
「死ぬほど旨そう」


―んで上野まで歩く途中に銀座山形屋さん通るやん?
「かっこええなぁ」
―お金欲しいなぁ。
「リアルだな」


―封切りピンク映画館のオークラ劇場通ってぇ〜
「これ要るか?」


上野駅公園口前のバス停からスカイツリーシャトルバス乗るでしょ?
「210円で10分以内の間隔で来てるから便利ね」


―で、スカイツリーよ。
「なんかアイドルっぽいのが撮影?してたね」
―誰か知らんけどめんこい人ばっかやったわ。
「あとアレやな。高すぎて現実感ないな」
―チケット列並んでる時にパネルに写されてた映像(スカイツリー入り口付近に展示あり)
 がなんか面白かったな。
「千手観音に救済される奴な」


―でけぇ
「でけぇ」


―押上から大手町行って、新卒で入った会社の頃よくいってた
 大手町ビルヂング地下の玉ノ井酒造の山田錦点見てぇ〜
「JAビルのご飯おかわり自由のところアツかったな」
―どうなっとる事やら


東西線の方から東京駅行く途中かっこいい天井見てぇ〜


オアゾから丸の内北口行って荷物ピックアップしてぇ〜


―で、羽田着よ。
「四季彩館なくなっとるやないか!」
―少なからずショックだわ。サッポロクラシックはじめ北海道の幸が買える貴重なお店なのに…


―夕陽が眩しいなか飛行機を待って東京離脱。
「磐田行ったのに羽田からとかしんどいな」
―そこはまぁ、しゃーない。


―そして新千歳空港
「お疲れ様でした」


―翌朝、札幌の空はスッキリと晴れていました。
私は忘れないでしょう。
かつてジュビロ磐田という、非常に強いチームが「あった」ことを。
空は今、ジュビロ磐田サックスブルーよりはちょっと深い青に染まっています……

―やめてやれよ!

―ともあれ、試合には勝ちましたが、やっぱ磐田すげー選手揃えてるなぁと思う開幕戦でした。

 次節は前札幌監督石崎信弘率いるモンテディオ山形
 コワい選手がとても多いクラブです。どうなる事か!
 答えは3/9、札幌ドームで!
 チケット好評発売中!

◆おまけ

帰宅翌日の飯。これで500円。
テレビ塔地下の大番は大行列ですが、西15丁目の大番は並びはしませんでした。

◆おまけ2

以上