読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

alovelog

続けられるよう頑張ります。

2012 J1 第3節 札幌vs浦和 ここからはじめよう

感想

・観客動員のバブルはきっちり弾けておる。
・ゴール裏がしょげてても寂しいだけなので、やるだけやる!という基本に還りたい。

・選手は普通にやれてる。
・多分今まで当たった中では一番強かった。
・差は僅かだけに、結果と自信が欲しい。
・選手の眼は死んでないのでサポーターもっと頑張ろう!

日記
先行入場が始まったぐらいにドームに着いたのだけど、並びの列はそれほどでもない。
数日前のナビスコ新潟戦で札幌の動員に関する強烈な現実を見せつけられた後だけにショックはそれほどでも無かったが、それでもやっぱり「J1で、土曜夕方で、雨も降ってなくて、浦和相手でこんなもんか!?」という戸惑いは、あった。
でも集客バブルが目標の完遂という大団円に過ぎる終わりで弾けた事を考えると、さてこの後どう集めるか?はもう一度練らないといけないのかもね。とは思った。
(昇格した→J1ですよー!→でも負けるんでしょう?→や、でもJ1だからいいでしょ?→負けるだろうしTVも増えるからいいわー。土曜は仕事で行けないし。的な流れに楔を入れるのに何かよいアピール方法はないかなーってのは悩ましいところ。地道なアピールしかないのかなー?無論そのアピールはやはりしていくべきだけど)

スタジアムに入る。

赤黒の旗で埋め尽くされたドームには心は震えるものがあった!

試合前のコールが始まる。
正直浦和も大変なのかなぁと思う。08年はもっと音圧のようなものを感じたけど、今回は「あ、やっぱ声大きいね」程度で、ホントに凄いものに相対した時の「おほほほ〜」って感じは無かった。

浦和も大変だけど札幌も大変である。
去年末はスタジアムの人数も多かったし、その中でみんな目的に向かってやっちまえ状態だったからすげぇ感じだったけど、今年は目標みたいなものをもっかいみんなで再確認しないといけないのかも。話をして、互いの腹を割って、同じ方向いて行った方がいいのかな?って思った。

試合は普通にやれてる。
残念なプレイはそりゃでるけど、それも「崩した後の一押し」という贅沢な悩みだ。ここまでになるなんて思ってもなかった(すみません)
永田→平川→柏木のアレは止められない。
あとFKで壁超えて落とされたら仕方ない。
柏木は本来もっと上にいられる存在だと思ってるのだけど、その存在である事を別に札幌の前で見せる必要は無いです。
槙野さんは浦和の良いスパイスになってると思う。上がってきても中途半端はしないし、馴染むともっと面白いのではないだろうか。

試合後は「お前はもう死んでいる弾幕」が出され、ライトチカチカさせたり紙吹雪やらやってる。
ゴチャゴチャコールしてたけど、正直に申し上げて現場では何言ってるか判別出来ませんでした。マジで。(後で聞いたらJ2札幌言われてたらしいですね)

紙吹雪はホバーピッチの施設運用上厳禁であるとか、選手退場後も一切自重しないとか、やっぱり浦和のゴール裏って功罪あるけどいざ罪部分を間近で見ちゃうと萎える。
(他人事として見てる分には「浦和スゲーなw」なんだけど)
なのであの弾幕も、試合前はなんか妙に「アレは札幌と浦和のお約束で仲良く喧嘩しなってもんですよ」論調が目立ったけど、「あ、俺はやっぱ嫌だわ」って思った。浦和側からすれば札幌を完全に下に見た上でのアレな訳で、なんつーかヤンキーに強引に肩組まれて「俺らトモダチだよなー(脅笑)」って言われてるような。
んで試合も負けてる訳だから、そりゃ笑えないしあの幕やらに拍手とか出来る訳無いし、
なんかもう「お前ら全員すすきのの客引きについてってボラれろ!」と恨むしかなかった小さな私です。
(※ところで、やっぱりスタジアムの外でもマフラーとかでアピールするのってカッコイイよね。札幌でもああいうの増えてったらいいですね)


ともあれ「J1で浦和で土曜夕方でドームで2万」ってのはちょーっと現実は厳しいなーという感じ。甘くないというか。
ナビスコ7000も酷いけど、これは深刻だぜというか。
何があかんのか、自分らに何が出来るのか、見にきてくれた人に何を見せる事が出来るのか、また考えて、ひとつひとつやれる事やって、その行動とか思いがいい感じで束になったらいいなあと思います。

バブルは弾けた。
札幌の地力はしっかり見えてる。
昔よりはいい感じじゃないかな?
ここから頑張りましょう!

PS
試合翌日練習見学に行ったのですが、選手の皆様は良い顔、良い眼をされてました!
(良い顔というか、ナチュラルにいい男ですよね。皆様)
まだまだこれからだぜ!やってこう!話とかしていこう!

以上