読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

alovelog

続けられるよう頑張ります。

マグマFC岐阜&2014年に向かうJ2を出場率で見てみよう(12/26夜)

Jリーグ J2

ざっくり言うと…

鳥取、岡野の引退、田中の移籍により流出率30%の大台を突破
磐田、主力は相変わらず抜けず
FC岐阜、目ン玉飛び出るど真ン中J2への道を爆走する決意を固める

※前回エントリ(12/24未明)からの移籍情報追加分反映(参照は「Jリーグ:移籍動向」さんです)

◆J1からの降格組

磐田:15.7%→17.0%(安田:鳥栖) 「まだまだ」「安田との両翼より松井やろう」
湘南:17.8%→18.3%(古橋) 「まだまだ」「20%以下は甘え」
大分:18.4%(変動なし) 「…20%以下は甘え」

◆J2

札幌:6.9%→8.0%(横野:タイ) 「横野純貴背水のタイ移籍志願」「漢やね」
山形:9.1%(変動なし)
水戸:3.7%(変動なし)
栃木:37.6%(変動なし)
群馬:16.4%→9.5%(青木孝太:再契約) 「2010年末砂川パティーン」「群馬昇格待ったなし」
千葉:2.3%(変動なし)
東京V:11.7%(変動なし)
横浜FC:15.9%(変動なし)
松本:1.5%→4.2%(長沢駿:清水) 「3得点のフォワードがおらんなるか」「まぁサビア来たしな」
富山:13.9%→14.9%(舘野:東京V) 「富山の舘野…高岡の辺りに立野いう町名はあるな」「わかるかそんなもん」
岐阜:21.2%(変動なし) 「選手動向よりもスポンサーとラモスと永井がアツい」「WJ的やな」
京都:12.7%(変動なし) 「原一樹北九州とな」
G大阪:14.3%→15.9%(川西:山形 武井:仙台) 「余裕感溢れる貸出っぷり」「松波さんが…」「ガンバサダーJ3に発つ」
神戸:17.8%(変動なし) 「ユース日本一おめでとうございます」「あそこは体格がおかしい」
鳥取:25.1%→30.6%(田中:水戸 岡野:引退) 「岡野引退でGM」「松波と合わせて果たしてどうなるか」
岡山:3.5%(変動なし)
徳島:5.0%→7.4%(鈴木:満了) 「これは大型補強するんやろなぁ」
愛媛:39.4%(変動なし) 「鳥取が30%を超えてきたけど、J3」「J2は栃木と2チームで抜けた感ある」
福岡:21.5%(変動なし)
北九州:8.3%→17.0%(武田:C大阪 「武田も流浪しとるなぁ」「セレッソから誘われたらなぁ」
長崎:8.5%→9.2%(岩丸:群馬)「岩丸、故郷に帰る」
                「何故04年磐田は優勝GK岩丸を切ったのか」
                「そら能活来るなら切るやろ」「残当」
熊本:14.8%→14.8%(微増:白谷) 「白谷書き忘れてた」
讃岐→知りません。


◆ザ・ワールド・グレーテスト・マグマ・オブ・J2ニュース
「FC岐阜が日本のチェルシーに!?事実上オーナーのJトラスト藤沢社長が無制限支援を提案」(ドメサカ板まとめブログさんより)

[デイリー]ラモス岐阜誕生、J1昇格へ無制限支援
http://www.daily.co.jp/soccer/2013/12/26/0006596997.shtml

 J2のFC岐阜が生まれ変わる。25日、岐阜市内でクラブと県政財界との意見交換会があり、懸案となっていた1億4000万円の債務超過が解消されることを確認された。これで新監督就任に合意していたビーチサッカー日本代表のラモス瑠偉監督(56)の誕生が決定。さらに岐阜市出身で事実上のオーナーとなるJトラスト株式会社の藤沢社長から無制限の強化費用の支援を受けられることとなり、近い将来のJ1昇格に向けたチーム作りができることになった。

 03年、多額の負債を抱えたチェルシーにロシアの大富豪アブラモビッチさんがやってきたことで、英プレミアリーグの勢力図は一変した。同じことが、FC岐阜で起こる。資金難で存続の危機に瀕していたFC岐阜が、強力な支援を背にJ1昇格を現実的な目標とするクラブに生まれ変わる。意見交換会を終えた薫田社長は「ようやく本当に新しいFC岐阜を作れる。記念すべき日になった」と喜んだ。

 意見交換会に先立つ24日、地元での債務超過解消を支援の条件としていた藤沢社長と、債権を持つ十六銀行が協議。ここで債務超過解消の具体的な方法を十六銀行側が提案したことで、大勢は決した。意見交換会ではこれまでFC岐阜を支えてきた岐阜財界も状況を容認。2社だけに任せず、FC岐阜を引き続き支えていくこととなった。

 これで、ラモス体制が一気に動きだす。クラブはすぐに正式オファーを出し、近日中に契約がまとまる見込みだ。さらに藤沢社長はクラブに対し、「単年度ではなく経常的に支援していく」と約束。来季に向けた強化費についても「5〜10億円くらいつぎ込みましょうか。とにかく足りない分は出します」と提案し、選手編成に応じて支援額を決めることになった。

 いわば、打ち出の小づちを渡されたようなもの。薫田社長は「近い将来のJ1昇格、まずは来季10位」という目標を設定し、これを実現できる選手編成を進めることとなった。その第1弾が、J2栃木を退団する元日本代表MF三都主だ。12年まで名古屋グランパスに所属した三都主とはすでに水面下で合意しており、ラモス監督就任と同時に発表される見込みだ。

 もちろん、危機から一転して資金豊富な状況になったことで、足元を見失っては元も子もない。薫田社長は「まずは強いチームを作り、県民に愛され信頼されるクラブになることが最終目標」と語った。この幸運を、色モノではなく地に足を着けた発展につなげられるか。新生FC岐阜は、来季J2最注目チームとなる。

目ン玉飛び出るとんでもない、かなり時代錯誤なニュースだなぁという思いはございますが、
当然想起されるのはやっぱり「マグマ」「WJ」「金返せゴマシオッ!」
辺りですよね?そんなもんなんですよ。そうだから困る。

そんなマグマメイツな俺や皆様方と、
FC岐阜がどんなクラブになるか確定する前にたくさんネタに出来れば幸甚です。
(いや、流石に監督とかネタ臭凄いけどまともにするやろ……)

(「マグマ」「WJ」については以下を参照の事)

駄チワワ:旅と怪獣舎「WJプロレスの栄光と挫折史」
http://zubunuretiwawa.ldblog.jp/archives/662708.html

wikipedia「WJプロレス」
http://ja.wikipedia.org/wiki/WJ%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%AC%E3%82%B9

◆マグマでFC岐阜「J2のど真ン中」 第一話:タニマチ、襲来

東京・六本木*1

ドスンッ ドカッ ドカッ

藤沢「さあ1億だッ!」 ニヤニヤ

永井『やるしか……!』
ラモス『ねえだろッ……!』

藤沢「ところでな、永井、ラモちゃん、一応1億の借用書にサインしてくれんか?
   ナーニ!あくまで形式上のことだが……」

目の前に積まれた「現ナマ」の魔力!
ラモスと永井はこの日、引き返せない橋を渡った!
そこは地獄の一丁目……!

FC琉球にとっての東京・六本木とは…

リクナビネクストの過去情報より)
琉球フットボールクラブ株式会社の採用・転職情報。
事業内容: FC琉球JFL所属】の運営・管理
FC琉球とは…
■創設年:2003年 ■所属リーグ:日本フットボールリーグ
■ホームタウン:沖縄県沖縄市 ■監督:薩川 了洋
■公式HP:http://www.fcryukyu.com/
事業
【沖縄オフィス】沖縄県那覇市山下町30-12 高良ビル1F
【東京オフィス】東京都港区西麻布3-2-1北辰ビル7F←コレ
設立: 2013年5月23日
代表者: 代表取締役 下地 良
従業員数: 9名
資本金: 8300万円

以上

*1:ちょっと前にこういう求人情報があったですよ…